天狗党の乱」タグアーカイブ

福井県敦賀市 武田耕雲斎等ゆかりの地

来迎寺境内で行われた処刑は凄惨を極め、
三間四方の穴を5ヶ所掘って死体を放り込み、
土を盛って13基の墓が建てられています。
その血は近くの川を赤く染めたという。

幹部の首級は塩漬けにされた後で水戸へ送られ、
3日間水戸城下を引き回された後に、
那珂湊にて晒されてから野捨とされたようです。

水戸の政敵… 続きを読む

福井県敦賀市 幕府による天狗党の処罰地

相良藩主田沼意尊幕軍総督として天狗党と戦い、
何度も天狗党に煮湯を飲まされており、
また天狗党の犯した関東の惨状も見ています。

田沼は呑気に憂国の士だと厚遇してる事に激怒し、
天狗党が引き渡されると直ちに鰊倉に押し込めて、
彼らの衣服を剥いで手枷足枷をはめ、
一日あたり握飯一つと湯水一杯のみを与えます。

狭い鰊倉に大人数が押し込められて、… 続きを読む

福井県敦賀市 天狗党幽居の三寺

新保宿加賀藩に投降した天狗党
投降者は823名。
首領武田耕雲斎は抗戦を主張する山国兵部らを抑え、
大志を訴えて潔く投降するように諭しました。

加賀藩は投稿者823名を敦賀の三つの寺に収容。
天狗党の辛苦の行軍と尊攘の志に礼を尽くし、
彼らを憂国の志士として厚遇。
加賀藩は三寺に天狗党の厚遇を指示し、
投降者は3つに分けられて収容されます。… 続きを読む

福井県敦賀市 新保宿(武田耕雲斎本陣跡)

元治元年。尊皇攘夷を掲げた藤田小四郎らは、
筑波山で挙兵して横浜港即時鎖港を要求しますが、
事態はその志とは別に内乱へと発展します。

天狗党諸生党幕府軍大発勢と入り乱れ、
天狗党が大発勢と合流して、諸生党や幕府軍と戦い、
那珂湊の戦い続きを読む

栃木県宇都宮市 英厳寺跡(宇都宮藩戸田家墓所)

英厳寺は宇都宮藩主戸田家菩提寺でしたが、
戊辰戦争宇都宮の戦いにおいて消失しました。
藩主家の菩提寺ということで、
大規模な寺院だったようですが、
現在は廃寺となって住宅街になっています。

跡地は現在「英厳寺児童公園」となっており、
四方を住宅が囲むという不思議な場所に、… 続きを読む