田中河内介」タグアーカイブ

田中河内介と怪談

但馬の医師小森正造の次男として生まれた小森賢次郎は、
幼少から秀才として知られ、武芸にも秀でていました。



天保6年に儒学者志して上京し、天保11年に中山忠能に召抱えられます。
その後、中山家の家臣田中近江介の養子となり田中河内介と名乗り、
中山家の庶務を取り仕切って中山忠愛忠光続きを読む