滋賀県彦根市 彦根城③

つづき。
//③

黒門橋より楽々園へ。


井伊直弼生誕地」碑。
井伊直弼欅御殿と呼ばれた下屋敷で、
13代藩主井伊直中の十四男として生まれました。
楽々園は明治時代以降に呼ばれた名称。


楽々園(欅御殿)玄関」。
城郭内に現存する下屋敷は唯一ここだけとの事。
欅御殿は隠居屋敷なのですが、
その敷地面積は表御殿よりも遥かに大きようです。


御書院」。
庭園に面する御書院棟。


地震の間」。
一件すると普通の数奇屋造の茶室なのですが、
地震の際に藩主(元藩主)が逃げ込む為、
免震構造となっているようです。


玄宮園」。
欅御殿(楽々園)に隣接する大規模な大名庭園。
玄宗皇帝離宮庭園を参考に「瀟湘八景」を、
近江八景」に置き換えて作庭されたとされています。
中心の池に4つの島と9つの橋が架かり、
畔には臨池閣鳳翔台八景亭などの建物が配され、
往時は水門から舟で琵琶湖まで出られたという。

玄宮楽々園を出て、最初の二ノ丸多門櫓方向へ。
途中に金亀児童公園があります。

遠城謙道師之碑」。
彦根藩士遠城平右衛門の碑。
桜田門外の変で主君井伊直弼が無念の死を遂げ、
政局が変化して彦根藩は京都守護の任を解かれ、
更には減封処分となりました。
これに憤慨した遠城は同士達と幕閣に抗議。
嘆願書を携えて抗議の自刃を図ろうとしますが、
厳しい警戒で果たすことが出来ず謹慎処分となり、
後に井伊家菩提寺清涼寺に入り、
禅僧となって名を「謙道」と改めています。
慶応元年に世田谷の豪徳寺に移り、
直弼の墓の側に庵を建て終生掃墓、読経をし、
37年間の間、霊を慰めました。


井伊直弼大老像」。
金亀児童公園にある大老井伊直弼の銅像。
将軍徳川家定の継嗣問題で南紀派に属し、
一橋慶喜を推す一橋派と対立しますが、
大老に就任して後継を紀州藩主徳川慶福に定め、
日米修好通商条約にも調印しました。
詰問に無断登城した一橋派を隠居させ、
併せて反幕勢力の弾圧に乗り出していますが、
桜田門外の変で水戸藩浪士らに暗殺されています。

彦根藩は文久2年に先代藩主直弼の専横を糾弾され、
10万石を減封されています。
幕府の為に身を削った直弼に対し、
余りにも無常な幕府の仕打ちでしたが、
それでも天誅組の変天狗党の乱禁門の変と、
譜代筆頭として鎮圧に貢献。
その功績により旧領3万石を回復しました。

第二次長州征伐では、芸州口先鋒となりますが、
長州藩散兵戦術によって大敗。
藩内は勤皇派によって藩論が纏まり、
王政復古後はいち早く上京。
彦根藩の勤皇の立場を鮮明にしています。
譜代筆頭が新政府軍に与した事は、
その後の諸藩の動向を左右する大きな功績でした。

藩兵は鳥羽伏見の戦いで、東寺大津を守備し、
東山道鎮撫総督に属して近藤勇の捕縛に貢献。
桑名城の制圧、宇都宮戦争会津戦争にも従軍しており、
戦後は2万石の賞典録を賜っています。

【彦根藩】
藩庁:彦根城
藩主家:井伊掃部頭家
分類:30万石→23万石、譜代大名

//③

■関連記事■
東京都世田谷区 豪徳寺
 世田谷区にある井伊家菩提寺。招き猫発祥の地でもあります。
大分県竹田市 岡城跡①/
 井伊家と婚戚関係にあった岡藩中川家の居城跡。
愛知県豊田市 挙母城跡
 井伊家と婚戚関係にあった挙母藩内藤家の居城跡。
千葉県香取郡 多胡陣屋跡
 井伊家と婚戚関係にあった多胡藩松平家の居城跡。
宮崎県延岡市 延岡城跡
 井伊家と婚戚関係にあった延岡藩内藤家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。