周防大島町 覚法寺(大洲鉄然誕生地)

大洲鉄然覚法寺大洲雪道の次男として生まれ、
右田の大田稲香、柳井の月性に学びました。
その後、階位を得る為に西本願寺を訪ねますが、
手数料10両を求めるという古い体質に憤慨し、
で剣術道場を開きます。
どこで習得したかわかりませんが、
鉄然は剣、弓、やり、砲術にも長けており、
馬も乗りこなしたとされており、
そういう縁か桂小五郎と親交があったようです。
月性や桂の影響で尊攘思想を得て、
文久元年に上関義勇隊に参加し、
翌元治元年には大島の同志と共に真武隊を結成。
第二奇兵隊では参謀となりました。


「覚法寺」。
久賀の旧街道沿いにある浄土真宗本願寺派の寺院。
鉄然は月性の仏法護国論に共鳴し、
真武隊とは別に僧侶らを集めて護国団を結成し、
大島戦争では自らこれを率いて戦功を挙げました。


贈正五位大洲鉄然生誕地」。
山門脇に建てられています。
鉄然は説法が上手だったらしく、
話が始まると聴衆が門が押し壊すほどだったとされ、
門こかし」の異名もあったという。
維新後は、島地黙雷赤松連城らと共に、
西本願寺の改革に取り組みました。
明治6年、神仏分離政策に反対し、
寺院寮教部省の設立に尽力するなど、
仏教界を代表して新政府と折衝にあたっています。
明治9年には、浄土真宗が禁止されていた薩摩に赴き、
各地で布教を行いましたが、間もなく西南戦争が勃発。
鉄然は間者として捕らえて数か月投獄されました。
その後、数々の功績によって本山の執行長を務めた後、
故郷へ帰り明治35年に死去しています。

この覚法寺境内には「贈正五位大洲鐵然師碑」と、
大洲鉄然の墓もあったのですが、
リサーチ不足で境内には入らずに、
門前で手を合わせて退散してしまいました。
やはり門をくぐって手を合わせてこそ、
御利益があるのですねぇ・・反省。

■関連記事■
大島戦争(大島口の戦い)①//
 長州藩領を侵略された唯一の戦い。
愛知県西尾市 台嶺殉教之地
 西尾で起こった廃仏毀釈に関連する騒動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。