久しぶりに東行庵へ行ってみた

非常事態宣言も解除されましたし天気も良いので,、
久しぶりに東行庵に行ってみました。


墓所への参道がなんとバリアフリー化していました。
これは嬉しい!


みよちゃんゆきちゃんも歩いて登れます。
今までは抱っこして登ってました。
これは地元の企業が自社の創業70周年と、
晋作生誕180年を記念して施工されたもの。
費用は全てその企業の負担だそうです。


高杉晋作のお墓に二人も手を合わせます。
神社仏閣には二人を連れて行きますが、
基本的に墓所には連れて行かないようにしています。
でも、この東行墓は特別です。
晋作も子供好きであったとされていますしね。

さて、東行庵の晋作陶像が補修されたようです。

高杉東行先生像」。
令和元年9月にピカピカになった陶像。
長年の風雪によって小さなヒビなどの傷が135ヶ所、
延長89メートルにも及んでいたそうで、
生誕180年記念事業の一環として補修されました。
結構ボロボロでしたからねぇ。


晋作くんとおうのちゃんの顔出しパネル。
ウチの子らは結構顔出しパネル好きです(笑)。
これ僕の子供の頃からあったような気がします・・。

■関連記事■
東行忌 高杉晋作没後150年記念
 高杉晋作の150回忌の供養祭の様子。
下関市吉田 東行庵の手栽の碑
 奇兵隊幹部が植樹した記念碑が沢山あります。
高杉晋作顕彰碑物語①////////
 動けば~で有名な晋作の顕彰碑のお話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。