下関市長府 功山寺(長府藩家老三吉家墓所)

長府藩家老三吉家は主席家老細川家に次ぐ次席で、
吉見庭田など1500石を領していました。
※長府藩家老家は他に、三澤家、伊扶家、桂家、
毛利家、田代家、西家。

三吉氏は元々備後の国人で、尼子家大内家に従属しましたが、
大内家が滅ぶと毛利元就に従属し、
元就も三吉氏の娘を側室に迎えています。
三吉宗家は関ヶ原後の防長移封には従わずに浪人となり、
後に広島藩浅野家に仕えましたが、
その庶流が長府藩初代藩主毛利秀元の家臣となっており、
これが長府藩の家老となったわけです。

幕末の当主三吉周亮長州藩寄組士益田元固の四男で、
前当主三吉造酒の養子となって家督を継ぎました。
※この養父造酒は12代藩主毛利元運の仮養子指名の際に、
 宗家の長州藩へ相談なくこれを長州藩へ通達した為、
 その責任を負って蟄居処分となっています。


三吉家の墓所は功山寺墓地

長府藩家老三吉家墓所」。
功山寺墓地中ほどの豊永長吉墓所の向かい側の奥。
例の「龍馬と下関」のオブジェが建てられています。


見性院殿鐡心智行大居士」。
連名の墓石ですが双方「大居士」ですので奥方ではありません。
向かって右側が周亮の戒名。
左側は風化して読めませんが、前代か次代当主かな?

周亮は家督相続の際に200石厳禄されていますが、
江戸家老に就任すると桜田門外の変後の彦根藩邸警護を担当し、
国家老に転じられると沿岸警護の任を務め、
13代藩主毛利元周より刀を賜り減禄分も戻されました。
以降も尊攘派家老として長府藩を牽引。
高杉晋作が功山寺で挙兵すると藩の公金3000両と銃器を援助し、
これによって元周より切腹が命じられますが、
小倉の征長軍より召喚された為に取り消しとなり、
征長軍の尋問の末に諸隊の鎮撫を命じられています。
※この助命には薩摩藩の意向が働いており、
 これより以前に周亮は西郷隆盛坂本龍馬と会談し、
 薩長仲介に尽力しています。

幕長戦争では長府報国隊の惣督に就任して小倉戦争を戦い、
維新後は豊浦藩権大参事に就任し、
廃藩置県後には宇都宮県参事新川県参事鳥取県県令
豊岡県権令等を歴任しました。
その後、山口県会議員も務め、明治36年に死去しています。

■関連記事■
下関市長府 功山寺(長府藩毛利家墓所)
 功山寺は長府毛利家の菩提寺でもあります。
下関市長府 長府陣屋跡
 長府藩の藩庁跡は豊浦高等学校となっています。
下関市長府 功山寺(泉十郎(野々村勘九郎)墓所)
 功山寺には泉十郎の墓もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。