下関市長府 功山寺(泉十郎(野々村勘九郎)墓所)

長府藩の尊攘派の首領格といえば泉十郎
長府藩士荻野十郎左衛門の次男として生まれ、
十一歳で同藩士野々村合左衛門次晋の養子となります。
※野々村家は130石馬廻格。

家督相続の後、文久3年には藩奉行職を務めながら、
青年藩士らを集めて精兵隊を組織。
※福原和勝や三吉慎蔵も参加。
元治元年11月17日に五卿功山寺に入ると、
寺社奉行としてこれを接待しています。

同23日には同士と共に豊功社決死報国の盟約
高杉晋作が功山寺で挙兵した際の大庭伝七宛の遺書には、
筑前で野々村から5両を拝借したが返却できないで、
 その件につきましてもよろしくお伝え下さい
」。
という様に書かれており、晋作との交友もあったようです。

元治2年1月18日。報国隊組織上申書を作成して藩に提出。
藩より結成許可が下りて原田隼二と共に都督に就任しました。
晋作や伊藤俊輔が下関を本藩直轄にしようと画策すると、
これをけしからんと刺客を送った他、
藩内保守派で目付役の林郡平にも刺客を送って殺害。
しかし報国隊内で軍監の熊野九郎と対立し、
熊野が刺客の件等を藩に密告した為に捕らえられ、
慶応元年11月27日に功山寺の僧房江雪庵の庭で、
詰腹を切らされてました。

彼の墓は功山寺墓所にあります。

贈正五位泉十郎墓」。
泉十郎の墓は野々村家の墓域にありますが、
これは贈位付きですので維新後に建てられたもの。
泉姓は彼が他藩士を斬った為に、
藩主の許可を得て名乗った名前ですので、
野々村家として墓が建てられたのでしょう。
※この他藩士は誰なのかよくわかりません。

さて、泉十郎は功山寺の江雪庵の庭で腹を切った訳ですが、
その江雪庵という僧房は現在ありません。
※「長府藩報国隊史」による。

江雪庵の位置。
古地図をみると確かに江雪庵という建屋があったようです。
街道や檀具川の曲り具合から推測すると、
下の地図の位置が江雪庵があった場所。


現在の江雪庵跡の位置。
現在は功山寺の寺域からはずれて宅地となっており、
全く何も残っていません。


江雪庵跡」。
現在の様子。
写真のあたりというだけで留めておきます。
人が詰腹を切らされた場所だったってのも、
住人にはあまり気持ちの良いものではないでしょうから。
まあ、そういう場所は日本中に沢山ありますし、
知られていない場所も誰かが無念の死を遂げたかもですし、
僕が今住んでる場所だってどうだかわかりません。
いちいちそんなこと気にしてたらどこにも住めませんけど、
知らなくて良いならその方が良いですからね。

■関連記事■
下関市長府 功山寺(長府藩毛利家墓所)
 功山寺は長府毛利家の墓所でもあります。
下関市長府 功山寺(福田扇馬墓所)
 功山寺墓地にある集堂場教頭福田扇馬の墓。
下関市長府 功山寺(有川恒槌墓所)
 禁門の変で戦死した有川恒槌の墓所。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。