岩手県花巻市 花巻城跡

花巻城一国一城令の例外として、
盛岡藩支城として存在した城。
このような例外の支城は、仙台藩白石城
久保田藩横手城大館城会津藩猪苗代城
庄内藩亀ヶ崎城加賀藩小松城徳島藩洲本城
鳥取藩米子城熊本藩八代城などがあります。


時鐘」。
花巻城大手門跡の脇にある鐘楼
かつて盛岡城の時鐘でしたが、破損した為に鋳直され、
その後に花巻城で再利用されたもの。

時鐘より西へ進み鳥谷崎神社へ。

圓城寺門」。
花巻城の搦手門が移築されたもの。
二子城の追手門だったものを円城寺坂に移築。
花巻城唯一の現存建物です。


鳥谷崎神社」。
稗貫家が城主だった時代より花巻城内に鎮座する神社。
花巻城が南部家の所有となってからも、
引き続き庇護されたようです。

北上して武徳殿へ。

武徳殿」。
武徳殿やグランドのあるあたりが二ノ丸跡で、
郡代屋敷などが建てられていました。


鶴陰碑」。
武徳殿前にある碑で、
江戸中期~明治初期の花巻周辺の人士を顕彰する碑。
儒学兵学武技書画和歌俳鍇など、
各分野に貢献した194人の名が刻まれています。
南部家に仕えた新渡戸家太田家等諸士の名が散見。


佐藤翁碑」。
盛岡藩士佐藤昌蔵の顕彰碑。
子で日本初の農学博士のひとり佐藤昌介が建立したもの。
昌蔵は勤皇派であったようですが、
藩が奥羽越列藩同盟に加入すると、
潔く新政府軍と戦いました。
戦後は岩手茨木の郡長を歴任し、
明治23年には衆議院議員に立候補して当選。
盛岡出身の総理大臣原敬らと共に活躍しています。
大正4年に死去。


鐘搗堂前御堀
二ノ丸と本丸を隔てる水堀。
20mもあるようで、状態良く残っています。


本丸跡」。
かつて本丸御殿があった本丸跡。
江戸期には二ノ丸の郡代屋敷が郡政を担い、
本丸には何もなかったようです。


西御門」。
復元された櫓門で本丸の正門だったようです。

花巻城の創建は古く、平安時代前九年の役の際、
安倍頼時の城柵があったところだったとか、
後三年の役清原武則の城柵があったところとか、
諸説あるようです。
その後に稗貫家が鳥谷ヶ崎城として本拠としますが、
当主稗貫広忠小田原征伐に参陣しなかった為、
豊臣秀吉によって所領を没収されました。

没収後は浅野長政の家臣浅野重吉が城主となりますが、
広忠は和賀義忠と共に一揆勢を率いて鳥谷ヶ崎城を包囲。
あと一歩で落城というところに南部信直が駆け付け、
包囲を解いて鳥谷ヶ崎城に入場します。
城側は積雪期に近い時期を考慮し、
一旦城を捨てて三戸城へ撤退。
一揆勢は空となった鳥谷ヶ崎城に入城しました。

この和賀-稗貫一揆などの奥州の反乱に業を煮やした秀吉は、
奥州平定の為に各大名に号令をかけて征討軍を派遣。
瞬く間に鳥谷ヶ崎城は落ちています。
その後、鳥谷ヶ崎周辺は南部家の所領となり、
北秀愛が城主として派遣され、
鳥谷ヶ崎城は花巻城と改められました。

関ケ原の前哨戦慶長出羽合戦が起こると、
その隙を突いて和賀義忠の遺児和賀忠親が蜂起。
一揆勢を率いて花巻城を包囲します。
当時の花巻城には城兵は少なく婦女子や農民が奮戦。
各曲輪は落とされ本丸のみとなりますが、
一揆勢は思わぬ抵抗に攻めあぐね、
援軍の到着によって退却しました。
花巻城の夜討ちとして知られます。

以後、冒頭に書いたように花巻城は一国一城令の例外とされ、
盛岡藩の支城として江戸時代を通じて存続。
花巻城代(郡代)の居城となっています。
最後の花巻城代は花輪徳之助
戊辰戦争時は戦線とは離れていた為、
戦場にはなっていませんでしたが、
盛岡藩の消滅と共に廃城となりました。

■関連記事■
岩手県盛岡市 盛岡城跡
 盛岡藩南部家の居城跡。
青森県八戸市 八戸城跡
 八戸藩南部家の居城跡。
青森県上北郡七戸町 七戸城跡①/
 盛岡藩支藩七戸藩南部家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。