秋田県大館市 吉田松陰先生遊歴記念碑

吉田松陰東北遊学の際、大館に立ち寄っており、
白沢山内儀兵衛宅に宿泊しています。
その跡地に石碑があという事を知ったので、
前回行った大館市松下村塾のあった図書館で、
どこにあるのか聞いたのですが、
3人くらいで色々と調べてもらってもよくわからず、
ある程度の場所が特定できたのみでした。
白沢郵便局のあたりの〇〇さん邸の庭先、
明治天皇行在所跡碑の奥。
この2つの情報を得てとりあえず行ってみました。


明治天皇矢立行在所」碑。
行ってみると意外と簡単に発見。
白沢郵便局の西側の十字路を北に進むと、
右側の塀の奥に碑がありました。
明治14年の東北巡幸の際、明治天皇が矢立峠を越え、
昼食に立ち寄った場所との事です。

松陰の碑も見えるのですが庭の中央のあたり。
人がいたので声を掛けるとOKの返事でした。
お家はなにやらやっている様子。

としょ木漏れ日」。
現在は地域おこしの為の交流の場として、
カフェ雑貨販売学び体験等々が出来たりと、
色々やっているらしい。
こういう場があることは地域にとって良い事ですし、
外からも何かを目当てにやってくれば、
地域の活性化に繋がります。
是非とも頑張って欲しいものですね。
対応してくださったご夫婦も感じが良かったです。


吉田松陰先生遊歴記念碑」。
庭の中央付近に立っている記念碑。
ここはかつて白沢の庄屋山内儀兵衛宅だった場所で、
松陰と宮部鼎蔵はここに一泊して矢立峠に向かいました。
その後、明治天皇もご休憩されたということで、
結構立派なお屋敷であったようです。

■関連記事■
秋田県大館市 相馬大作事件之地
 相馬大作事件の現場。
青森県弘前市 吉田松陰来遊の地 附松陰室
 伊東梅軒の旧宅。松陰らが案内された客間が現存しています。
青森県五所川原市 吉田松蔭関連の石碑
 五所川原市内の松陰の足跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。