下関市豊前田 晋作通り

山口県最大の歓楽街であるという豊前田
僕はあまり酒が強い方ではなく、
飲み歩くというクセがないもので、
地元ながらそれほど詳しくはないのですが、
その割に若い頃に大阪北新地のクラブで働いていたので、
夜の飲食業の仕組みはある程度詳しかったりします。

高校卒業して就学の為に大阪に出て以降、
平成4年より20年間大阪に在住していたので、
豊前田通りには下関に帰ってから旧友に連れられて、
何軒かの「おねえちゃんのいる店」に行った程度。
上記のように飲み歩くクセがないもので、
豊前田に関しては殆ど知りません。

この豊前田通りはいつのまにか「晋作通り」と命名され、
通りの東端には晋作の胸像が建てられています。

晋作通り標柱(高杉晋作胸像)」。
お猪口を持ってご機嫌な晋作です。
この胸像の場所から山手に登ると日和山公園となっており、
高杉晋作陶像が建てられています(記事はこちら)。


豊前田通り(晋作通り)」。
晋作通りと名付けられていますが、
地元の人達は普通に「豊前田」と呼んでいます。
ここはかつて長府藩筆頭家老細川家の領地で、
Wikipediaには「細川氏が豊前国小倉出身だったから、
「豊前田」の名が名付けられた
」と記載されていますが、
長府細川家は備中守護細川政春の末裔で、
豊前国の出身ではありませんし、
長府の細川家が豊前守を名乗ったという話もない。
それよりは豊前が肥後細川家の所領だった事に因み、
対岸のここも細川家(系譜は違う)の所領ということで、
ここも豊前だ」と呼ばれたのかも?
また単純に対岸の豊前国の玄関口であった為、
そう呼ばれたという気もしないでもない。
とにかくWikiを鵜呑みにしてはいけませんね。

全国の歓楽街の殆どが江戸期には遊郭花街でしたが、
下関の遊郭は稲荷町裏町で(記事はこちら)、
この豊前田はだだの港町でしたが、
明治期に下関駅が開業したことにより、
遊郭町として発展したもの。
つまり晋作はここで遊んでいたわけではありませんが、
地元の英雄にあやかり「晋作通り」と名付けられました。
各地で武勇伝(遊びに関しての)のある晋作は、
飲み屋街のシンボルとして相応しいといえます。
もちろん晋作像のある日和山が近いという意味では、
全くの無関係ではありませんが。

■関連記事■
先帝祭 上臈参拝
 稲荷町の上臈が安徳天皇陵に参拝した事が起源。
晋作と西郷は会っていたのか?
 稲荷町の大阪屋で、晋作と西郷が会ったとされます。
晋作と西郷は会っていたのか?2
  晋作、西郷会談説の追記。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。