群馬県伊勢崎市 天増寺(鳥羽藩 山上藩 稲垣家墓所)

大名となって伊勢崎藩を立藩した稲垣家は、
2代稲垣重綱大坂の陣での活躍によって加増され、
越後国藤井に2万石を与えられて、
その後、三条藩刈谷藩と転封しました。

重綱の孫稲垣重富の代に大多喜藩へ加増転封が決まりますが、
城地が狭いという理由で烏山藩へ転封先が変更されています。
重富の次代稲垣昭賢も加増されて鳥羽藩に加増転封し、
以後は鳥羽藩の藩主家として8代続き、
稲垣家は廃藩置県を迎えました。

このように稲垣藩は譜代ゆえに転封を重ねていますが、
歴代の墓所は初代の眠る伊勢崎の天増寺に置かれ、
遺骸を遠方より運んで埋葬したようです。


山門」。
極彩色豊かな山門は嘉永5年再建のもので、
平成10年に改修が行われたようです。


本堂」。
天増寺は慶長8年(1603)に稲垣長茂によって創建され、
長茂の守り本尊である千手観音像が安置されました。
境内には創建よりも古い宝塔や墓もあり、
天増寺の前に何らかの寺院があったものと考えられています。


稲垣家墓所」。
天増寺墓地内にある稲垣家墓所は、
藩主家にありがちななどで区切られてはおらず、
他の墓に混じるようにありますが、
稲垣家の殆どを網羅する歴代の墓所ですので、
塀など無くても十分に威厳があります。


まずは北側と西側にL字に並ぶ前列の宝珠院塔
右手前より、
実相院殿 長茂の次男稲垣則茂
洞源院殿 重綱の長男稲垣重昌
天増院殿 伊勢崎藩初代稲垣長茂 宗家初代
久應院殿 伊勢崎藩初代稲垣長茂室
法性院殿 伊勢崎藩2代/藤井/三条/刈谷藩初代稲垣重綱 宗家2代
洞仙院殿 長茂の三男稲垣重太(山上藩祖)
桊昌院殿 重太の長男山上藩初代稲垣重定
陽光院殿 山上藩初代稲垣重定室
芳巖院殿 山上藩2代稲垣重房
翠峰院殿 山上藩3代稲垣定享
香林院殿/栄松院殿 山上藩4代稲垣定計及び定計室
桃石院殿 山上藩5代稲垣定淳
楳翁院殿 山上藩6代稲垣定成

長茂の三男重太は旗本として別家を立て、
次代重定が加増されて山上藩を立藩。
藩主家は宗家と同様に天増寺を墓所としました。
7、8代も墓所は天増寺とのことですが、
見当たらないので稲垣家霊塔に合葬されているのでしょうか?
※9代稲垣太祥は東京都文京区の吉祥寺。


西側2列目。
右手奥から、
寂照院殿 刈谷藩2代稲垣重昭 宗家3代
清光院殿 刈谷藩3代 鳥山藩初代稲垣重富 宗家4代
桊政院殿 鳥山藩2代 鳥羽藩初代稲垣昭賢 宗家5代
高陽院殿/光照院殿 鳥羽藩2代稲垣昭央及び昭央室 宗家6代
霊鷲院殿 鳥羽藩4代稲垣長続 宗家8代

刈谷藩、鳥山藩を経て鳥羽藩に定着しても、
墓所は変わらず天増寺とされています。


西側後列。
右手奥から、
太玄院殿/春台院殿 鳥羽藩3代稲垣長以 宗家7代
大応院殿/常全院殿 鳥羽藩5代稲垣長剛 宗家8代
徳巌院殿 鳥羽藩6代稲垣長明 宗家9代

6代稲垣長明の時代に幕末を迎え、
藩領が太平洋に面する鳥羽藩は、
海防への関心が強く藩領の沿岸警備に努めます。
京都警備長州征伐にも藩兵を派遣しており、
第二次長州征伐で長明は大坂に赴きますが、
病に伏して動けずに休戦となり、
鳥羽に戻っていますがほどなく死去しました。
死去が激動期であった為か、遺骸は伊勢崎には運ばれず、
鳥羽領内の常安寺に葬られており、
こちらは遺髪墓となっています。

長明の跡を継いだ7代稲垣長行は、
先代に続き佐幕派として鳥羽伏見の戦いに参加。
敗れて鳥羽藩は朝敵となりますが、
伊勢亀山藩の仲介で謝罪しました。
謝罪と共に隠居して弟の稲垣長敬が8代藩主となりますが、
長行は明治元年に死去しています。

6代に続き、7代、8代の遺骸も伊勢崎には運ばれず、
同じく常安寺にて葬られていますが、
後に天増寺が引き取って改葬する旨を申し出た際には、
常安寺側が断ったとのことです。

■関連記事■
群馬県伊勢崎市 伊勢崎陣屋跡
 稲垣家最初の藩庁跡。
栃木県那須烏山市 烏山城跡
 稲垣家は2代ほど鳥山藩を統治しています。