京都府綾部市 綾部陣屋跡

九鬼水軍を率いた九鬼嘉隆の死後、
家督は次男九鬼守隆が相続して鳥羽藩を立藩しますが、
その守隆の嫡男九鬼良隆は病弱の為に廃嫡させられ、
継嗣は守隆が溺愛する五男九鬼久隆となりました。
しかしこれに三男の九鬼隆季が反発し、
守隆の死後にお家騒動が勃発。
結局、幕府の裁定で久隆が継ぐ事になりますが、
騒動の責で三田藩3万6千石に減転封となります。
一方の隆季には綾部に2万石が与えられ、
陣屋を建設して綾部藩を立藩。
※後に隆季は弟九鬼隆重に500石を分与。
この争いによって九鬼家は領地に海岸線を失い、
水軍としての力を失いました。
村上水軍であった森藩久留島家もそうですが、
水軍大名を内陸部に封じることで、
その軍事力を失わそうとしたのは、
幕府による思惑であったと思われます。


長生殿」。
宗教法人大本の本部梅松苑綾部陣屋の跡地。
特に本殿である長生殿は御殿の様な外観で、
謀らずも陣屋を再現しているようにも見えました。
大本といえば丹波亀山城跡も大本の所有で、
本丸跡は聖地となっています。
ここも聖地となっているので入れませんが、
遺構のようなものは無いようです。


大手坂」。
せんだん苑南こども園の前の坂は、
綾部陣屋の大手門があった場所。


こども園の外壁に「大手門跡」の看板があります。


またここは「皇后坂」とも呼ばれ、
大正6年に貞明皇后綾部行啓した際に、
御召の馬車が通行できるように広げられました。
行啓には1万4千人の奉迎の列が連なったという。

ちなみに江戸時代初期の綾部陣屋は
綾部高校由良川キャンパス敷地にありましたが、
火災で全焼してしまい移転しています。

綾部藩は学問を重んじる藩風であったとされ、
藩校進徳館も比較的早い時期に開設され、
藩士子弟の教育が行われました。
9代藩主九鬼隆都は名君として知られ、
佐藤信淵山鹿素水奥山弘平新宮涼庭など、
藩外から学者を招いて藩政改革に成功。
幕府にも評価されて講武所総裁に就任しています。
文久元年に隆都は隠居し、
代わって嫡男の九鬼隆備が家督を相続。
儒者三上是庵を招いてさらに教育を充実させ、
領内6ヶ所に郷校を設置して庶民教育を実施しました。

綾部藩は幕命によって京都警備を行い、
禁門の変でも御所警備に兵を出していますが、
王政復古を経て新政府が発足すると、
綾部藩はいち早く帰順を申し出ています。

【綾部藩】
藩庁:綾部陣屋
藩主家:隆季流九鬼家
分類:1万9500石、外様大名

■関連記事■
京都府亀岡市 丹波亀山城跡
 こちらも大本の聖地となっています。
京都府福知山市 福知山城
 隣藩の福知山藩朽木家の居城跡。
京都府綾部市 山家陣屋跡
 隣藩の山家藩谷家の陣屋跡。