岡山県高梁市 成羽陣屋跡

成羽藩交代寄合5千石であった成羽山崎家が、
維新後に新政府より高直しされて成立した維新立藩
成羽山崎家は丸亀藩藩主家であった近江山崎家の庶流で、
宗家が無嗣断絶のために改易となった後も、
5千石の交代寄合として続いた家でした。
はじめは宗家に近い讃岐国仁保を所領としていましたが、
宗家の改易後に丸亀に入った京極家の成羽領に転封。
以後は成羽領主となっています。


成羽陣屋跡(現地案内板より)。
陣屋は山麓に沿う様に長く広がったもの。
ちょうど薩摩藩鶴丸城の小型版といった感じ。
とはいえ石垣が状態良く残されており、
陣屋ながら見ごたえはあります。


大手門跡」。
陣屋中央付近にある大手門の跡。
当時は桝形となっていたようです。


御作事場跡(成羽美術館)」。
政務を司っていた御作事場の跡は美術館となっています。


書院跡(成羽地域局)」。
領主が政務を行っていた書院跡。


御庫屋敷跡(成羽小学校)」。
御庫というから倉庫のエリアかとおもいきや、
御庫屋敷という御殿が建てられていたようです。


土塀武者走り
成羽小学校側は石垣の他に瓦付の土塀が残っており、
その内側には武者走りも状態良く保存されています。


外から見た石垣と土塀。
民家で隠れていますが、綺麗に保存された城壁です。
隠されているのが勿体ない気はしますが、
それゆえの保存状態なのかもしれません。


外園跡(はす池)」。
陣屋の西外にあるはす池は庭園の名残。
良い感じに草庵がありますが、
廃墟となっているのが勿体ない。


裏手側の石垣。
陣屋でこれほど石垣がしっかり残っているのは珍しい。
これからも大切に守って貰いたいものですね。

成羽山崎家は小規模ながら堅実な藩経営を続け、
実高は万石を越えていたようです。
京都に比較的近い土地柄故か勤皇思想を持つ家臣の多く、
新政府が発足するといち早く恭順しました。
これが功を奏した為に新政府による高直しが行われ、
諸藩に列することになっています。

成羽藩
藩庁:成羽陣屋
藩主家:近江山崎家
分類:1万2000石、維新立藩

■関連記事■
岡山県高梁市 桂厳寺(成羽藩山崎家墓所)
 成羽藩山崎家の歴代墓所。
岡山県高梁市 備中松山城①/
 近隣の備中松山藩板倉宗家の居城跡。
鹿児島県鹿児島市 鶴丸城跡【再訪】
 規模は違いますが山麓に長く広がる様子が似ています。