福井県大野市 善導寺(大野藩土井家墓所)【再訪】

大野藩藩主家の土井家の墓所は善導寺
前回大野に行った際に訪問済みなのですが、
最近は幕末の藩主以外にも網羅するようになり、
また、前回気になっていた事もあったので、
もう一度訪問する事にしました。


善導寺」。
善導寺は永禄元年(1558)に創建された寺院で、
当時は別名のお寺だったようですが、
慶長5年(1600)に結城秀康が越前国に入った際、
大野周辺がその重臣土屋左馬助に与えられ、
寺号を現在の善導寺に改められたとされます。

その後、土井利房が大野藩に入封すると、
善導寺は土井家の菩提寺に定められ、
歴代藩主の墓所も建てられました。

土井家墓所」。
善導寺墓地にある土井家の歴代墓所。
以前訪問時もこの石製の地図はありましたが、
地図にある初代と4代の墓が見つからず、
幕末期の藩主ではなかったので探すのを諦め、
モヤモヤっとしたまま後にしていました。
また8代の写真も撮り忘れており、
色々と再訪せねばならぬ理由があった訳です。


柳涯墓」。
7代土井利忠の墓。
名君の誉れ高く藩政改革財政再建を成功させ、
大野藩を数少ない黒字経営の藩に導きました。
これには優秀な藩士ら実行力あってこそですが、
その根本は「更始の令」という改革令で、
大野藩の財政難は我々皆の責任であるから、
君臣一体となってやり直そうという趣旨。
これによって臣下が本気で改革に取り組みます。
配下の士気を高める事がトップの役目であり、
これが改革の最大の効果となりました。


寶岸院殿瑞蓮社賢譽慶趯山大居士」。
2代土井利和の墓。
初代土井利房の長男で利房の死後に家督を継ぎ、
大坂加番奏者番などを歴任。
本多重益改易で丸岡城の受け取りを行いました。


道樹院殿前甲州刺史祥譽感徴顯大居士」。
6代土井利器の墓。
関宿藩5代久世広誉の十一男として生まれ、
5代土井利義の養嫡子となって、
利義の隠居によって家督を相続しています。
財政難に倹約などの改革を行いました。


文良院殿正四位子爵忍譽徳賢恒大居士」。
8代土井利恒の墓。
利忠の隠居によって家督を継ぎ、
その改革路線を継承していますが、
軍事惣督内山隆佐が病死してしまい、
利恒が江戸在勤中に天狗党が領内を通過。
判断を誤った重臣によって進路上の村が焼かれ、
村民の怒りを買う事になっています。
新政府樹立後は箱館裁判所副総督に任命され、
大野藩兵を箱館に派遣しました。


子爵土井利剛墓」。
土居家9代当主土井利剛の墓。
利恒の長男。
大野藩土井家は維新後に子爵家に列しています。

さて地図には初代と4代の墓があるはずですが、
そんなものは見当たらない・・・。
でもあるはずとよくよく見てみると、
何もない場所に水鉢及び花立がある。
見ると隆興院殿大信院殿と刻まれていました。

隆興院殿(右)」「大信院殿(左)」。
初代土井利房及び4代土井利貞の墓。
この自然岩が墓石のようです。
庭石かと思っていました。
何故こんな墓石なのかわかりません。
初代利房は大老土井利勝の四男として生まれ、
1万石を与えられて別家を創設。
奏者番若年寄を経て老中に昇進し、
加増を繰り返して大野藩に4万石で入封します。
4代利貞は幼少で藩主となった為、
その治世は59年に及びますが、
洪水火災凶作などの天災が数多く発生し、
百姓一揆も起こりました。

以上が大野藩土井家の墓所。
3代と5代の墓は多磨霊園にあるようです。

冒頭で記した土屋左馬助の墓もありました。

土屋左馬助正明君墓」。
結城秀康の重臣土屋左馬助の墓。
正明は3万8千石を与えられていましたが、
慶長12年(1607)に秀康が死去すると殉死
徳川家康は越前年寄達に追腹を禁じており、
土屋家はこの罪により断絶させられています。

土井家墓所に再訪して目的は達成。
次は大野城に登ろうと思ってた矢先、
福井市にいる同僚から連絡があり、
すぐに戻ってきて欲しいとの事。
2度目の大野訪問はこれにて終了となり、
後ろ髪を引かれながら大野市をあとにしました。

■関連記事■
福井県大野市 善導寺(大野藩主土井家墓所)
 前回訪問した際の記事。
福井県大野市 大野城①
 大野藩土居家の居城跡。
福井県大野市 洞雲寺(内山良休、内山良隆墓所)
 大野藩の改革を主導した内山兄弟の墓所。