下関市横野町 横野八幡宮と島田虎之助

幕末の三剣士といえば、
男谷精一郎島田虎之助大石進の三人ですが、
幕末とはいえ、三人が活躍したのは天保期です。
※天保の三剣士とも呼ばれます。

この中の一人である島田虎之助が、
若い頃に下関で道場を開いていた事は、
あまり知られていません。

虎之助は、中津藩士島田市郎右衛門の末子として生まれ、
母の兄である人吉藩士宮原兵衛之助の養子となりますが、
出奔して中津に帰って来てしまいます。
中津藩の剣術師範堀十郎左衛門の内弟子となって、
剣術修業に明け暮れて上達し、
藩内では相手になる者がいなくなりました。

意を決して九州一円の武者修行の旅に出て、
各地の名のある剣士を訪ね歩き、武芸を上達させます。
一度中津に戻った後、再び武者修行を思い立ち、
江戸へ向けて出発しました。
その道中、門司を通って下関へ。

その頃、安岡の漁師達は、
漁場が他の地区の者に荒らされ困っていました。
他からやってきては漁場を荒らし、
注意すると暴力を振るうので、漁師らは話し合って、
どこからか武芸者を呼んで来ようということになります。
そこで、たまたま妙光寺に滞留していた虎之助が見つかり、
皆で嘆願して剣術を教えてもらう事になります。

虎之助は横野八幡宮の境内に道場を開きますが、
地元安岡の漁師達はもちろんの事、
噂を聞きつけた諸国の者も続々と入門し、
すぐに数百人の門弟ができました。


下関市安岡周辺(横野八幡宮の場所)


横野八幡宮」。
意外と広い境内です。
ここの敷地のどこかに道場があったようです。
境内には菅原道真を祀る横野天満宮もありました。
菅原道真は横野から九州に渡り、
大宰府へ向かったと伝えられます。
本来、別の場所にあったのですが、火災で焼失したために、
横野八幡宮境内に再建したとのこと。
虎之助が道場を開いていた頃には無かったようです。

虎之助の道場が繁盛したおかげで、
安岡には剣に覚えがあるものが多くなりました。
そうなってくると漁場荒らしも手が出せなくなり、
安岡の漁場は平和になります。

1~2年の滞在後、虎之助は江戸に向かって旅立ちました。
安岡の住民達は虎之助に感謝し、非常に別れを惜しみます。
虎之助も晩年、安岡での滞在が一番印象に残っていたと、
門弟に語っていたらしい。

その後も安岡周辺では、武術が盛んに行われています。
安岡で組織された吾住隊(後に長府報国隊六番小隊)が、
藩内で勇名を轟かせたのには、
こういう土壌があったからかもしれませんね。

■関連記事■
島田虎之助の追剥ぎ退治
 追剥退治に出かけた島田虎之助の話。
福岡県築上郡 天仲寺公園(島田虎之助修練の地)
 島田虎之助の故郷。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。