周南市 宍戸家郷校徳修館

熊毛ICの入口付近に、
宍戸家の郷校「徳修館」があります。


熊毛IC周辺(徳修館の場所)


徳修館」。
21代宍戸就年が、士民教育の為に創立した郷校。
23代宍戸元礼は、明倫館に模して聖廟を新築し、
その聖廟が現在残っています。
当時は他に講堂、習礼場等、大小10棟の建物があり、
総敷地面積は1500㎡に及んだとされます。


徳修館に似合わないハニワや壺が至る所に・・・
なんでかな?と思ったらこういうことでした↓。

弁慶穴古墳」。
このあたりは古墳が多いらしいのですが、
この弁慶穴古墳は別の場所で見つかったもので、
山陽自動車道の建設に伴って移築されたようです。
古墳って移築できるんですね。初めて知りました。


贈従四位宍戸親基公碑」。
幕末後期の当主宍戸親基の顕彰碑。
禁門の変下関戦争内訌戦等の収拾に努め、
動乱の長州藩筆頭家老としての役目を果たしました。
また徳修館の経営にも力を注いでいます。


大涛君墓碑銘」。
市のコミュニティーセンター三丘徳修館の側に、
「大涛君墓碑銘」と題された石碑があります。
大涛緩という人物の顕彰碑で調べてみると、
中根市之丞(記事はこちら)を襲撃した人物でした。
大涛緩は宍戸家家臣で当時有馬幸次と呼ばれており、
奇兵隊に入隊して攘夷戦に参加し、
幕使中根市之丞殺害に関与して大坂に潜伏。
天誅組の変や倉敷浅尾騒動にも関与しています。
幕長戦争では第一大隊の参謀として活躍しましたが、
明治3年の脱退騒動で藩と諸隊の朝廷に奔走。
乱の鎮圧後に諸隊を扇動したとして切腹させられました。
妻の千嘉も大涛の墓前で自害したという。
この碑は彼の四十周忌を記念して、建てられたものです。

最盛期の特修館の生徒は400名以上。
郷校ながらその盛況ぶりに驚かされますが、
当時の人々はこの徳修館の構内に、
ハニワが設置されるとは、夢にも思わなかったでしょうね。

■関連記事■
周南市小松原 貞昌寺(宍戸家墓所)
 一門筆頭宍戸家の歴代墓所。
山口県岩国市 芸州戦争関連史跡
 宍戸家家臣団からなる南第一大隊は、芸州口で戦っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。