福岡県福岡市 明光寺(野村望東尼墓所)

女流勤皇詩人野村望東尼は、
福岡藩の尊攘派弾圧事件「乙丑の獄」により、
糸島に流刑となっていたところを、
高杉晋作の指揮により救われ、
下関の白石正一郎宅に匿われました。

労咳の晋作を看取り、以後は三田尻に滞在しますが、
長州の戦勝祈願のため断食を行ったのが祟り、
慶応3年11月に亡くなっています。

亡骸は桑山に葬られていましたが、
明治26年に楫取素彦が、昭憲皇太后御下賜金や、
三条実美毛利元徳らの協力を得て、
立派な墓石を建立しました。
現在、桑山墓地にある望東尼の墓がそれです。
(記事はこちら

それとは別に故郷の福岡にも、望東尼の墓があります。

博多駅北側周辺(明光寺(望東尼の墓所)の場所)


明光寺本堂」。
南北朝時代に融純禅師によって開山されたお寺。
乱世を経て小庵を残して荒れ果てていましたが、
福岡藩2代藩主黒田忠之や、
藩祖黒田如水の正室照福院
初代藩主黒田長政の正室大涼院らにより再興され、
大涼院(榮姫)の遺髪供養塔も境内に残っています。

ここは望東尼の嫁ぎ先であった野村家の菩提寺で、
野村家の墓所でもあります。

贈正五位望東禪尼墓」。
野村家累代之墓と並んでいるこの墓は、
望東尼が得度した際に切った髪を納めたもの。
生きている時に建てたので、
遺髪墓ではなく生前墓ですね。

■関連記事■
福岡県福岡市 平尾山荘
 幾多の志士が訪れた女流勤皇詩人の住居跡。
防府市桑山 防府紀行②
  野村望東尼の墓は桑山公園にあります。
おもしろきこともなき世
 晋作の辞世に関する私見。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。