青森県南津軽郡 川越家跡

冬の津軽へ出張。
本州の端から端まで移動するとは、
我ながらよくやるなぁと思いつつ、
松陰は自らの足でここまで歩いてきたんですがら、
昔の人って凄いなって思いますね。

東北遊学の際、吉田松陰宮部鼎蔵が、
弘前城下を出て最初に宿泊したのが藤崎でした。

岩木山」。
津軽富士とも呼ばれる 標高は1,625mの独立峰。
太宰治は「富士山よりも女らしい」と形容しています。
津軽平野から望む岩木山は確かに美しく、
ここに住む人々がすこし羨ましく感じました。


ふじりんご発祥の地」。
藤崎のロータリーにあるオブジェ。
リンゴの品種「ふじ」は藤崎町で生まれました。


川越家跡」。
松陰と宮部鼎蔵が宿泊しした川越家跡。
先ほどの藤崎のロータリー沿いにあります。

■関連記事■
青森県五所川原市 吉田松蔭関連の石碑
 五所川原市内の松陰の足取り。
青森県北津軽郡 松陰の小泊止宿跡と台場跡
 松陰らは十三湖の絶景を堪能した後、小泊村に宿泊しました。
青森県北津軽郡 みちのく松陰道
 松陰らは小泊から算用師峠を越え三厩に向かいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。