下関市清末 高林寺(清末藩毛利家墓所)

高林寺は清末毛利家の菩提寺で、代々藩主やその一族、
重臣達の墓があります。


高林寺山門」。
本堂などは安政2年に焼失してしまいましたが、
山門は天和2年(1682年)当時のまま残されています。


山門の前には「毛利元純公愛馬岩越の塚」があります。


本堂は新しく綺麗でした。


本堂の後ろには「清末毛利家墓所」があります。
1代から7代まで整然と並んでいました(2代は長府藩主となったので無い)。
あれ?8代藩主元純の墓が無い・・・。どうも違う場所にあるようです。


藩主達より一段下は側室達の墓。


さらに奥の山に元純の墓があるようです。
道脇には古い墓石が結構ありますが、
清末藩の重臣の墓かな?ちょっと資料が無いのでわかりません。


山道の先になんだか開けた場所が・・・。
どうもここらしいですね。


ありました。
8代毛利元純の墓」と「9代当主毛利元忠の墓」です。
手前の新しいお墓は、元忠の3男で清末を愛した毛利美忠と、
その妻ミイのものだそうです。
他の親族の改葬も検討されているらしいです。

清末藩は、1万石の小藩です。
長州藩には、一門衆や支藩、有力な永代家老がたくさんいます。
その中で、孫藩にあたる清末藩藩主毛利元純が、
度々長州藩主毛利敬親の名代をつとめたという事は、
元純の能力あっての事かもしれませんね。

ちなみ白石正一郎の小倉屋は、清末藩の御用達でした。

■関連記事■
下関市清末 清末藩陣屋跡(再訪)
 再訪した時の記事。
下関市清末千房 清末陣屋長屋門
 移築現存する長屋門。
下関市長府 長府陣屋跡
 清末藩は長府藩の支藩です。
下関市清末 村上倫と孝女政の碑
 清末の山陽道沿いに建てられている碑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。