道場」タグアーカイブ

長崎県大村市 斎藤道場跡

玖島城下の武家屋敷通りのひとつ上小路に、
斎藤道場跡があります。


斎藤道場(微神堂)」。
大村藩に剣術指南役として招かれた斎藤歓之助は、
道場を開いて「微神堂」と名付けました。
藩が神道無念流続きを読む

東京都新宿区 試衛館跡

江戸城靖国神社と巡ったあと、
今度は新撰組ゆかりの場所に行ってみました。

試衛館は、天然理心流三代目近藤周助が開いた道場で、
大棟梁甲良家の幕府拝領地市谷甲良屋敷にありました。
市谷甲良屋敷というのは、その区画の名称のようなもので、
名前から想像する様な大きなお屋敷ではなかったようです。… 続きを読む

東京都千代田区 靖国神社

田安門を出て靖国神社へ。

靖国神社はかつて戦場へ赴いた兵士達や、
戦死した兵士の家族の心のよりどころであり、
また左翼の攻撃対象でもあるこの特殊な神社には、
なんと246万6532柱祭神を祀っています。

国事に殉じた人々を、慰霊しようという趣旨の神社で、
それ自体はとても素晴らしい事なのですが、
その国事に殉じた人々という定義が非常に難しく、
その選に漏れた故人の関係者からの不満や、
選ばれた故人に対する評価が分かれる場合の非難が、
どうしても出てくるのは致し方ない事でしょう。

でも、それって批判を承知であえて例えるならば、… 続きを読む

福岡県大牟田市 早馬神社

幕末三剣士(天保三剣士)の一人である大石進は、
柳河藩大石太郎兵衛の長男として生まれ、
新陰流剣術及び大島流槍術剣槍術を父に学びます。
大石家は祖父の代より、柳河藩の剣槍術師範役及び、
柳河藩の同族である三池藩の剣槍術師範役で、
その為に交際費がかさんで苦しい生活を強いられ、
進は田畑を耕して家計を補ったそうです。… 続きを読む

下関市横野町 横野八幡宮と島田虎之助

幕末の三剣士といえば、
男谷精一郎島田虎之助大石進の三人ですが、
幕末とはいえ、三人が活躍したのは天保期です。
※天保の三剣士とも呼ばれます。

この中の一人である島田虎之助が、
若い頃に下関で道場を開いていた事は、
あまり知られていません。

虎之助は、中津藩士島田市郎右衛門の末子として生まれ、
母の兄である人吉藩士宮原兵衛之助続きを読む