廃仏毀釈」タグアーカイブ

鹿児島県鹿児島市 本立寺跡/島津五代墓所

島津宗家初~5代当主の墓所は、
出水市感応寺境内にありますが、
鹿児島市清水町にもあります。


本立寺跡」。
嘉禄3年(1227)に初代島津忠久が死去。
野田の感応寺に忠久の墓所を建て、
ここにを建立したとのこと。
その後は5代まで同様だったようで、
5つの廟が建てられており、
五道院と呼ばれていましたが、… 続きを読む

鹿児島県日置市 島津立久墓跡

島津宗家10代島津立久墓祠が、
日置市東市来の龍雲寺跡にあります。


龍雲寺跡」。
立久は市来城を落城させた後、
この龍雲寺を創建して自らの菩提寺とし、
寺領を与えてこれを庇護。
曹洞宗薩摩三ヶ寺のひとつに称され、
江戸期を通じて隆盛しました。… 続きを読む

鹿児島県薩摩川内市 平佐北郷家墓所②

/②
つづき。


後期当主墓所」。
上段にある後期当主の墓は、
墓祠はなく五倫塔型の墓石。
かなりの数の墓石が建ち並んでいます。


瑞岩院殿喚應了宗大居士」。
8代当主北郷久伝の墓。
7代北郷久達続きを読む

鹿児島県薩摩川内市 平佐北郷家墓所①

①/

北郷家島津家の有力分家で、
島津宗家4代当主島津忠宗の六男が、
本郷資忠を名乗って始まったとされます。
その宗家は後に島津家を名乗っており、
都城島津家となっていますが、
11代当主本郷忠虎の弟北郷三久が、… 続きを読む

鹿児島県日置市 島津忠隣墓所

日置島津家2代当主島津忠隣の墓は、
日置の桂山寺跡にあります。
桂山寺は元々霊徳寺という寺でしたが、
3代当主島津常久が父の菩提寺とし、
父の法名から桂山寺に改称。
現在は廃仏毀釈で廃寺となっており、
忠隣の墓が残されています。


桂山寺跡続きを読む