高杉晋作の東帆禄②

/②//

つづき。

4月16日から19日。
故有って船は停泊。上陸して伊藤静斎を訪ねる。
伊藤静斎は元長州藩出身で、南部の賊民蜂起の際、
18歳の静斎は県令某の為に賊民数十人を切り倒し、
その後に伊藤家の養子となった人物。
伊藤家は馬関の有力者であり豪商で役人でもある。
静斎もこれを務めていたが、讒言でこれを辞め、
今は幽居清貧して詩文を楽しんでいる。
しかし国事については忘れず、
慷慨は凛々として常に時勢を論じている。
静斎曰くかつて筑當候は、田や山野に出て、
騎馬に乗ってわずか2~3人の従者を従えた。
庭の前に厩を建てて自ら馬の世話をしたので、
大臣はこれを諫めたが、
候は笑って「暗愚な主は籠の鳥を飼って愛でるが、
予は馬を飼って愛でている。同等ではない
」と言った。
これに大臣は感銘したという。
この日静斎と酒を飲んで語り合い、
船中の鬱憤を晴らした。日暮れに帰船。
馬関で詩を作る。

 海門千里与雲連 碧瓦錦楼映水鮮
 前帝幽魂何処在 渚宴煙空鎖陽天

 海門千里が雲と連なっている
 碧の瓦や錦の楼閣が水に映えて鮮やかである
 前帝(安徳帝)の御霊は何処にいるのだろう
 渚の靄が空しく夕陽を閉ざしている


※伊藤静斎は本陣伊藤家の当主で、
 坂本龍馬を支援した伊藤助太夫(九三)の先代。
 吉田松陰とも交友しており、
 記載はされていませんが、松陰の話は出たでしょう。

 筑當候というのがわかりませんが、
 中華の人物でしょうか??

4月20日。
雲は厚く小雨。馬関を出航。
順風ならば逆潮。順潮ならば向かい風。
終日船は揺れ暁に三田尻港に至る。

4月21日。
早朝、三田尻の竜口港に入る。


4月20日から21日の行程。

4月23日。
故有って船が停っているので、
同行する平岡兵部の家を訪問。
風呂に入り晩酌。この日は兵部の家に泊った。
※平岡兵部は後の官僚平岡通義

4月23日。
朝平岡氏の家を出て西浦の医師柳多熊に訪問。
多熊は松前人鈴木織太郎の周旋に尽力。頗る奇人なり。
鈴木が西国を遊歴して防州鯖川を渡った際、
同行する松前人某が溺死してしまう。
鈴木は墓を建てる為に30余日柳家に滞在。
僕は昨年昌平黌で鈴木と親交があり、
これを聞いて柳家を訪問した。
多熊と話し昼食を食べてから去った。
※鈴木織太郎は後に正義隊を率いて、
 藩内でクーデターを起こし、佐幕派を粛正。
 松前藩新政府恭順に導きますが、
 箱館戦争終結後、粛正の残忍な行為を咎められ、
 捕縛されて入牢。牢獄で発狂死したという。

 鯖川は今の佐波川の事。

4月24日。
雲天微風。三田尻竜口港を出航。
午後雨が降続き、野島に碇泊。
野島は三田尻から3里。

4月25日。
朝は雨。昼に晴れて風もあった。
昼に野島を発し日暮れに室津に入る。


4月24日から4月25日の行程。

つづく。
/②//

■関連記事■
防府市三田尻 防府紀行①
 三田尻は長州藩の海軍拠点。
下関の人々は外国人に慣れていた
 本陣伊藤家当主は代々蘭癖でした。
試撃行日譜①//////
 この東帆禄の後の遊学日記。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。