福井県越前市 龍泉寺(福井藩附家老本多家墓所)

龍泉寺福井藩の附家老越前府中本多家の菩提寺。
応安元年(1368)に越前守護藤原義晴が創建し、
開山の通幻禅師の遺命により、
各地に散った弟子達が輪番制で住職を務め、
これが江戸時代中期まで続きます。
※この輪番制で福井を訪れた住職らは、
 大本山である永平寺も参拝しますが、
 その荒廃ぶりを嘆いて復興運動を展開します。


戦国時代には一向一揆などで伽羅を焼かれますが、
江戸時代に本多富正が領主となると、
荒廃した龍泉寺に高禄を喜捨して復興させ、
本多家の菩提寺としました。


龍泉寺本堂(左)と白雲台(右)」。
龍泉寺は維新後に本多家の庇護を失い、
庫裏の白雲台を残して解体され、
昭和40年代に本堂や諸堂が再建されました。
残された白雲台は江戸後期に建てられたもので、
ニ重寄棟、桟瓦葺(当時は茅葺)の巨大な庫裏。


西南戦死碑」。
西南戦争に出征して戦死した地元9名の慰霊碑。
秋月宗温上坂将一野口八郎高橋安良山口隆
成井智美石川敬義村上栄助吉田興三太郎
本堂脇にあります。


耕雪松井翁碑」。
篤志家松井耕雪の顕彰碑。
耕雪は代々鎌などの打刃物を売る商人で、
学問を好んで詩画に通じていましたが、
領内の教学の不振を嘆き、
私財3百両を献じて郷校立教館を創立させ、
良師を招いて経常費の一部も負担しました。
その他に産業開発にも意欲を発揮し、
府中製産役所を興して打刃物の輸出を行っています。
維新後は岩倉具視に経済国策を献言し、
廃藩置県後は敦賀県権大属に任命されました。
明治18年、死去。

この「西南戦死碑」と「耕雪松井翁碑」の間に、
成仁碑」という碑があるのですが、
何の碑かわからずにスルー。
実は武生騒動(後記)の犠牲者の追悼碑で、
本多家当主本多副元が建立したものでした。

さて、本多家の墓所へ。

護墳之碑」。
本多家墓所入口にある碑。
廃藩置県で主従関係が消滅しますが、
それでも本多家に忠誠を誓った旧家臣らが、
明治6年に建立したもの。


越前府中本多家墓所」。
結構広い墓域に本多家一族の墓が並ぶ。
前期の当主は巨大な五輪塔で、
後期の当主や親族は方柱型の墓碑です。


普照院殿従五位下元覺正圓圓大居士」。
越前府中本多家初代本多富正の五輪塔。
初代本多富正は主君結城秀康に幼少より従い、
豊臣政権下で秀康の家老として補佐を務め、
関ケ原の戦いの後に秀康が越前一国を与えられると、
附家老として藩の執政となります。
秀康の死後も幕命で福井藩の執政を行い、
2代藩主松平忠直の補佐も担当。
その後のお家騒動を経て敵対派閥を一掃し、
大坂の陣では福井藩兵の指揮を執りました。
福井藩が複数の藩に分割された後も、
富正は主家の恩義を理由に福井藩に残り、
以後は歴代当主が福井藩を支えています。


慈徳院殿〇嶽良親大居士 神儀」。
越前府中本多家8代本多富恭の墓。
※〇内の文字は解読できませんでした。
安政3年に父7代本多副昌の隠居で家督相続。
文久3年に死去していますが、
部屋住時代に郷校立教館の創設に関わっています。


明徳院殿蘆嶽普照大居士 神儀」。
越前府中本多家9代本多副元の墓。
常陸府中藩より富恭の養嗣子となり、
富恭の死により家督を継ぎます。
御附家老として藩主名代を務め、
天狗党の乱ではその鎮圧に出兵した他、
長州征伐北越戦争にも出陣しました。


明治2年の華族制度の発足では、
福井藩の陪臣として華族の称号は与えられず、
越前府中本多家は士族とされた為に、
これを不服とした家臣や領民らが暴動を起し、
福井藩が鎮圧を行って関係者170余人を捕縛。
米屋庄八浜谷仁三郎箒屋末吉が死罪となり、
12人が拷問などで獄死しました。
その後も本多家家老松本晩翠らの旧臣が、
引き続いて昇格運動を展開し続けた末、
明治12年に越前府中本多家は華族に列せられ、
旧臣の願いが叶うに至っています。

■関連記事■
福井県福井市 大安寺(福井藩越前松平家墓所)
 主家である越前松平宗家の墓所。
愛知県犬山市 臨渓院(犬山城主成瀬家墓所)
 尾張藩附家老成瀬家の墓所。
岐阜県海津市 今尾陣屋跡
 尾張藩附家老竹腰家の陣屋跡。