福井県南条郡 二ツ屋宿跡

今庄宿を出た天狗党は北陸道を進み、
その途中にある二ツ屋宿で昼食を取った後、
さらに雪深い街道を進んだという。

福井県南条郡南越前町二ツ屋周辺(二ツ屋跡の場所)
今庄杉津線(県道207)の新道から南へ延びる脇道に入り、
二ツ屋谷川に沿って進んだ森林の中にあります。


二ツ屋宿場跡」。
二ツ屋宿は近江から越前へ入る玄関口で、
最初の宿場町として栄えて関所が設けられました。
残念ながら明治26年の大火で20数戸が焼失し、
明治29年に北陸線が開通した為、
全戸が移転して建物は一棟も無くなっており、
現在は建物の基礎の石垣が残るのみです。


明治天皇御座所」跡碑と「御膳水問屋跡」。
明治11年10月9日に明治天皇は旧二ツ屋宿に行幸し、
問屋の高野三喜太宅で昼食を取っています。


二ツ屋関所跡」。
二ツ屋宿の南端には関所が置かれ、
福井藩士2名と足軽番士2名が常駐し、
旅人の往来を監視していましたが、
天狗党800余名の通行を阻止する事は出来ず、
そのまま通行させる他はありませんでした。

■関連記事■
福井県敦賀市 新保宿(武田耕雲斎本陣跡)
 討伐軍に囲まれた天狗党はここで武装解除します。
福井県敦賀市 幕府による天狗党の処罰地
 幕府に引き渡された天狗党の悲劇。
福井県敦賀市 武田耕雲斎等ゆかりの地
 武田耕雲斎ら天狗党の墓所。