熊本県玉名郡 豊前街道南関御茶屋跡

南関豊前街道筑後国肥後国の国境で、
関所御番所が置かれた他に、
熊本藩御茶屋が設置されており、
領内巡視参勤交代の休憩、宿所となりました。


南関御番所跡」。
御番所が置かれていた場所。
南関には北側に上番所(役人2人)、
南側に下番所(同6人)があったという。
追分のような感じになっていますが、
左の道は後から引かれたもの。
関所については正確な場所は不明とのこと。

右側の旧街道を進む。

南関御茶屋跡」。
熊本藩の設置した御茶屋で、
藩主の領内巡見の休憩に使用された他、
参勤交代時の領内最後の宿所であり、
他藩の本陣としても利用されています。


嘉永5年に竣工した建物が現存しており、
国の史跡に指定されています。
コロナ禍によって現在は閉鎖中。


小さいながらも庭園も現存しています。

南関御茶屋には熊本藩細川家の他、
支藩の宇土藩細川家人吉藩相良家
薩摩藩島津家が参勤交代で利用しており、
篤姫将軍輿入れの際に訪れて、
ここで休憩した記録も残っています。

■関連記事■
熊本県熊本市 熊本城(復興中)
 熊本藩細川家の居城跡。