島根県益田市 妙義寺~乃木三蔵之墓

お盆に、嫁さんの実家の益田市に行きました。

益田市石州口の戦いがあった場所です。
前回は岸静江の戦死した扇原関所跡万福寺・医光寺を巡りましたが、
今回は妙義寺に行ってみました。

妙義寺は、長州藩本陣野戦病院が置かれ、
寺の裏手には戦死した長州藩士4人のお墓があります。


妙義寺」。
本堂には大きな涅槃図があるそうですが、いつも見れるわけではないようです。
ここは石見益田氏の菩提寺で、道路向かいに益田兼堯の銅像もあります。
禁門の変の責任者として切腹した益田親施は、その子孫です。
益田親施は自分の死後、長州藩が先祖の旧領地に攻めこむなんて、
思ってなかったでしょうね。


裏手の霊園の名前は「乃木霊園」。
なぜこの名前なのかは、長州藩士4人の墓に参ってからお話しましょう。


整備された霊園の奥に山道があり、少し登ると四基の墓が並んでいます。
真ん中の一つだけ離れたお墓が「長藩乃木三蔵之墓」。
右端の碑は陸軍大将乃木希典が参拝した記念碑で、乃木三蔵は希典の親族。
希典は長府藩出身ですが、この乃木三蔵は長州藩八組士のようです。
彼は希典の叔父とか従兄弟とか云われていますが、どっちかわかりません。
この霊園は、乃木希典が参拝した事にちなんで「乃木霊園」とされたようですね。

乃木三蔵が戦死したのは、6月17日。岸静江が戦死した日の翌日です。
萬福寺での戦闘で戦死したようですね。

■関連記事■
乃木希典 ~高杉晋作との関係
 晋作に会った乃木は・・。
下関市長府 乃木神社
 長府にある乃木を祀る神社。
京都府京都市 伏見桃山陵
 伏見桃山陵のすぐ側にも乃木神社があります 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。