徳川十六神将末裔の幕末②

前回の記事の続き。
/②

徳川十六将図

高木性順(高木主水正家)
(幕末期→丹南藩1万石)
本能寺の変後に徳川家康に仕えた高木性順は、
生涯に四十五ヵ所の疵を受けたとされ、
数々の戦場でその武勇が伝えられています。
子の高木正次の時代に1万石の大名となりますが、
江戸中期以降の財政は悪化し、
幕末期に起きた天領での一揆鎮圧を命じられたために、
多額の借金を抱えて維新を迎えました。

鳥居忠広(忠弘系鳥居家)
(幕末期→小田原大久保家家臣?)
三方ヶ原の戦いで、出陣して戦う事を望んだ家康を諌めるが、
聞き入れられずに徳川軍は武田信玄に惨敗。
忠広は殿を勤めて家康を逃がし討死。
子孫は大久保家の家臣となっているようですが詳細は不明。

服部半蔵正成(大服部家)
(幕末期→桑名藩家老)
伊賀衆の棟梁服部半蔵正成は、家康から信頼を得ていますが、
子の服部正就服部正重の不手際により改易。
その後、半蔵の名を継いだ服部正重は浪人となり、
数藩を渡り歩いた後、桑名藩に家老となります。
幕末期の12代目服部半蔵正義は、
桑名藩兵を率いて鳥羽伏見の戦いに参戦。
藩主松平定敬と共に柏崎へ逃れ、新政府軍と抗戦します。
庄内で降伏し、謹慎を経て桑名藩大参事兼軍務都督に就任。
廃藩置県後も各地の区長となったが、西南戦争が始まると、
募兵に応じ新撰旅団第四大隊第四中隊長として活躍しました。

大久保忠佐
(断絶)
兄と共に主戦場で戦功を挙げた大久保忠佐は、
沼津藩2万石の大名となりましたが、
嫡子に先立たれ断絶しています。

渡辺守綱(渡辺半蔵家)
(幕末期→尾張藩家老)
足軽頭であった渡辺守綱は「槍半蔵」と恐れられ、
徳川軍の数々の戦で先鋒を勤めました。
尾張藩の付家老として代々続きますが、
幕末期の付家老渡辺綱倫は、禁門の変で御所南門を守備。
銃隊100人を率いますが、長州軍に撃破されています。
その責任を取って自刃してしまったため、
生まれて間もない長男渡辺綱聡が跡を継ぎました。

米津常春(米津宗家)
(断絶)
米津家は古くからの譜代家臣で、
安城城、桶狭間、一向一揆などの戦で戦功を挙げ、
三河攻略での槍を持っての奮戦ぶりが伝えられるが、
以後の消息は記録されておらず謎多き武将です。
息子の米津正勝堺奉行を任じられますが、
不手際により解任され阿波国に配流されました。
正勝は大久保長安と親しかったため、
大久保長安事件に連座する形で切腹させられています。
常春の弟政信の系統は長男が旗本、
三男は久喜藩主として続きました。

蜂屋貞次
(断絶)
松平家の譜代家臣として戦功を挙げますが、
三河吉田城攻めで、本多忠勝と先陣を争っていた際、
流れ弾が不運にも当って討死します。

内藤正成
(幕末期→大身旗本)
強弓の武功者として知られる内藤正成は、
その射力で近隣の武将に恐れられました。
代々大身旗本として幕末まで続きますが、
幕末期の当主14代内藤正從が何をしたか不明。

さて、とりあえず16人の子孫をみてみましたが、
やはり譜代筆頭の井伊と、四天王筆頭の酒井の子孫は、
先祖に負けぬ活躍を見せております。
服部半蔵も陪臣にはなったののの、
戊辰を戦い抜いて面目を保っています。

残念なのは榊原と本多・・・。
やはり転封というのは悪政ですね。

基本的には徳川幕府の政策として、
外様大名の力を削ぐ事が求められていた筈ですが、
蓋をあけてみれば、力を削がれたのは譜代大名でした。

/②

■関連記事■
調子に乗って武田二十四将も調べてみる①
 戦国最強の甲斐武田家家臣らの系譜は幕末に何をしていたか?
七本槍の幕末について調べてみる
 賤ケ岳七本槍の系譜は幕末に何をしていたか?
毛利元就家臣の幕末
 戦国時代に活躍した毛利家重臣の系譜は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。