長崎県平戸市 雄香寺(松浦家墓所)

雄香寺は、平戸藩主松浦家の菩提寺で、
境内には5代藩主松浦棟以降の墓があります。


平戸市街北部周辺(雄香寺の場所)


開山堂」。
朱色が美しい別名「赤堂」と呼ばれる寺院建造物。
堂内には5代藩主松浦棟の墓があるらしい。


松浦家墓所」。
開山堂の裏手が松浦家の墓所。
藩主家の墓所は、標識が建てられてる事が多いのですが、
※「○代藩主○○公の墓」など。
そんなものは無いので、誰がどの墓かわからない。
戒名から探していくほかありません。


諦乗院殿得脱祥瑞大居士」。
11代藩主松浦曜の墓。
藩政改革を推進した開明的な藩主であったようですが、
安政5年に47歳で死去してしまいました。
次代松浦詮の墓所は、東京の染井霊園にあります。



松浦詮妻浩子之墓」。
12代藩主松浦詮の妻浩子の墓です。
最後の藩主松浦詮の前妻で、
支藩平戸新田藩8代藩主松浦晧の娘。
明治4年に死去しました。夫は東京に墓がありますので、
彼女単体の墓石が建てられています。

松浦家は鎌倉時代より平戸に本拠を置き、
明治維新まで600年以上も平戸を支配してきた名門。
松浦家の藩主は、当時珍しい一字名が多いのですが、
これは祖先である嵯峨源氏にあやかったものらしい。

■関連記事■
長崎県平戸市 平戸城跡
 平戸藩松浦家の居城。
長崎県平戸市 松陰関連史跡
 吉田松陰は家老の葉山左内を訪ね、その蔵書を多数読破しました。
長崎県平戸市 元回船問屋明石屋永山邸
 平戸領田助浦は、 風待ち港として発展しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。