三重県鈴鹿市 神戸城跡

三重に1週間ほど出張に行きましたので、
仕事終わりに周辺の史跡に訪問しました。

神戸藩本多彦八郎家支流で、
本多忠恒を藩祖とする神戸藩本多家が治めました。
知行1万5000石ながら、築城を許された城持大名で、
はじめ河内国の西代に陣屋を構えていましたが、
次代本多忠統が神戸に転封となり、以後幕末まで続きました。

初代神戸藩主本多忠統は、文人大名として有名で、
早い時期から藩校を整備しています。
幕末時の藩主は、6代本多忠寛、7代本多忠貫で、
譜代大名として奉行職などを歴任。
小藩ゆえに幕末期に目立った行動をした藩ではありませんが、
藩士の吉川治太夫天誅組の変に関わりました。

神戸藩の藩庁である神戸城跡は、
現在神戸公園として整備されています。

鈴鹿駅周辺(神戸城跡の場所)


神戸公園」。
地元の人が散歩しているような普通の公園です。
ブロンズ像なども沢山建てられており、
綺麗に整備されている印象でした。

公園内を歩いていると、なんだか異様な風景・・。
10~15人くらいの集団が、スマホを凝視している・・。

なんだろ??と思って後で聞いたら、
どうやらポケモンGOをやってる人達らしい。
レアなポケモンが出るんだそうな。


公園中央には内堀と本丸石垣が残されています。


史跡 神戸城址」。
本丸のあった場所は、史跡として整備されていました。


勤皇烈士 吉川治太夫忠魂碑」。
吉川治太夫は藩校教倫堂の教授だった学者で、
飛地であった河内長野代官を勤めていました。
尊皇思想を持っていた治太夫は、
天誅組が挙兵すると金銭や食料を提供。
領内の庄屋吉年米蔵を天誅組に加わらせました。

天誅組は大和五条代官所を襲い、幕府代官らを殺害。
十津川郷士を味方にして高取城を攻撃しましたが、
天誅組は朝敵となって周辺諸藩に討伐されてしまいます。
吉年米蔵も捕えられましたが、治太夫の弁護で釈放。
釈放された米蔵は、親戚を頼って阿波へ向かいますが、
再び捕えられて尋問されるにあたり、
吉川の関与も疑われます。

岸和田藩より召還を受けた治太夫は、捕吏と共に岸和田へ。
その道中、小休止で寄った茶屋で厠を借りた治太夫は、
藩への迷惑を考慮して自刃してしまいます。

神戸藩は吉川家を断絶させて、
天誅組の変への藩の関与を否定。
関与は治太夫の個人行動ということで、
藩への御咎めはありませんでした。


さきほどの石碑の近くにある古い石碑。
こちらも吉川治太夫の碑らしいのですが、
全く何て書いてるかわかりません。


神戸城址天主堂跡碑」。
もともと神戸城は戦国大名神戸氏の城で、
織田信長の三男で神戸家に養子となった神戸信孝が、
五重の天守を建てたとされています。
その後神戸は天領となり、神戸城は廃城。
天守は移築されて、桑名城の櫓として使われたそうです。

それから本多家が入って神戸城を再築しましたが、
天守は再建されていません。

さて、神戸城の現存建造物は各所に残されており、
蓮花寺二の丸太鼓櫓龍光寺に書院「坐忘亭」、
そして四日市市の顕正寺大手門が移築されています。
すべて訪問するのは不可能なので、
今回は顕正寺の大手門を見に行きました。


顕正寺山門(神戸城大手門)」。
寺院の門には不似合の無骨な門で。
騎馬でも通れるような高さがあり、
瓦は本多家の家紋「丸立葵」でした。

【神戸藩】
藩庁:神戸城
藩主家:忠恒流本多彦八郎家
分類:1万5000石、譜代大名

■関連記事■
福島県いわき市 泉陣屋跡
 忠以系本多家の泉藩の陣屋跡。
三重県亀山市 伊勢亀山城跡
 隣藩の伊勢亀山藩の居城跡。
三重県三重郡 菰野陣屋跡
 隣藩の菰野藩の陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。