長崎県佐世保市 江迎本陣と吉田松陰の腰掛石

平戸往還平戸藩主松浦家参勤交代や、
長崎警備の際に使用された街道。

平戸城下の対岸である日の浦から、
江迎佐々早岐を経て、
彼杵長崎街道に合流する約14里の道に、
本陣が6か所置かれました。
そのひとつが江迎本陣で、
6つの本陣中で唯一現存しています。


江迎本陣跡(松浦公本陣跡)」。
江迎宿の本陣には、
造酒屋を営む山下庄左衛門の屋敷が充てられ、
参勤交代や長崎警備の際に使用されました。

元禄元年より始まるこの山下庄左衛門の造酒屋は、
現在も潜龍酒造株式会社として、
創業当時から継承してきた伝統的な技法で、
酒造りを続けています。

本陣南東の佐世保市 江迎行政センター裏手の公園に
吉田松陰腰掛石があります。

江迎中央公園」。
江迎小学校跡地が公園となったものですが、
跡地の石垣がかなり年期が入っており、
小学校のものとは思えませんが、
創立は明治7年(当時は長坂小学校)とのことで、
小学校の創立時に組まれたものでしょう。


千灯籠タワー」。
江迎千灯籠まつり」に使用されるタワーで、
三角なのは当地ゆかりの人物徳田真寿に因んでいます。
徳田真寿は、明治期に貸金業で財を成した人物ですが、
彼は「天下の奇人」として知られており、
紋付きの洋服シルクハット、特大懐中時計を携帯し、
旅行先ではすべて一銭銅貨で支払いました。
三角の物をこよなく愛し、茶碗御膳など、
全て三角のものを使用し、三角の墓まで造っています。
今もたまにいますよね。そういう変な人。


校庭だった場所の奥の方に腰掛石がありました。
公園には、前記の千灯籠タワーや野外ステージ、
公衆トイレなどが設置されています。


吉田松陰先生の石」。
松陰は九州遊学中、早岐宿から佐世保浦を経由し、
江迎に入りましたが、その日の道中は山道坂道で、
しかもが降っていました。
困難を乗り越えてようやく江迎にたどり着くのですが、
宿が無くあちこち探して庄屋の家に泊めてもらいます。
この石はその庄屋宅の門前にあった石で、
庄屋宅にたどり着いたヘトヘトの松陰が、
この石に腰を下ろしたと伝えられるもの。

腰掛石って古い時代の偉人のイメージがありますが、
幕末の人物のものもあるのですね。
西郷どんの腰掛石」なんてのもあるようです。

■関連記事■
長崎県平戸市 松陰関連史跡
 吉田松陰は平戸の葉山左内の蔵書を多数読破しました。
長崎県平戸市 元回船問屋明石屋永山邸
 平戸領田助浦にある廻船問屋。薩長の極秘会談が行われたという。
長崎県平戸市 平戸城跡
 平戸藩松浦家の居城。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。