美祢市 八幡磨能峰宮(広岡浪秀の顕彰碑)

美祢市の中央部北側。
下領という場所にある八幡宮に、
池田屋事件で闘死した広岡波秀の碑があります。


美祢市大嶺町周辺(八幡磨能峰宮の場所)


八幡磨能峰宮」。
通称は下領八幡宮
社伝によると創建は孝霊天皇の時代とされ、
本当ならば紀元前200年代という事になります。
当初は天照大神蛭子大神などが祭神でしたが、
鎌倉時代石清水八幡宮の分霊が合祀されました。

八幡磨能峰宮 拝殿」。
この神社の宮司の長男であった広岡波秀は、
徳山の遠石八幡宮で修行して国学神典を学び、
尊皇攘夷思想を持つようになります。
その後の文久2年、京都に出て広分彦也と名乗り、
長州藩士らに交じって尊皇攘夷運動に邁進し、
八月十八日の政変が起こると、
長州藩の汚名返上に奔走しますが、
同志古高俊太郎が、新撰組に捕縛され拷問の末に自白。
古高捕縛の情報は同志らにも伝わっていましたが、
池田屋で密議を強行し、新撰組に踏み込まれています。


贈従五位廣岡正恭之碑」。
碑は浸食が進み、文字の判別は不可能。
傍らの説明板で解説されています。

広岡ら尊攘派志士らが密議を進める池田屋に、
近藤勇沖田総司永倉新八藤堂平助が斬りこみ、
志士側もこれに応戦しながら脱出を図る。
広岡は負傷しながらも池田屋から脱出しますが、
傷は深く長州藩邸の方向に這っていきますが、
三条河原町の路上で絶命しました。

大正4年に広岡に従五位が贈られた為、
翌年境内にこの碑が建立されたようです。

■関連記事■
京都府京都市 京都霊山護國神社③
 霊山護国神社には池田屋の殉難士の墓。
伊庭八郎の征西日記⑫
 伊庭八郎の日記に京都で異変があった事が記されています。
吉田稔麿
 吉田稔麿も池田屋事件で殉難しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。