愛知県刈谷市 十念寺(刈谷藩土井家墓所)

刈谷藩土井家の菩提寺十念寺は、
奈良時代に開創された寺院ですが、
具足山という珍しい山号を称しています。
その由来は定かではありませんが、
この山号を称するようになったのが、
室町時代という武家の時代なので、
勇ましい名が付けられたのかもしれません。


名鉄刈谷市駅周辺(十念寺の場所)


十念寺本堂」。
嘗ては広大な寺域を有していた様ですが、
昭和40年代の区画整理事業で、
現在の敷地は1/4程になったとの事。


土井子爵家御廟所 天誅組総裁松本奎堂墓所」。
本堂向かって左手に土井家の墓所かあります。
残念ながら非公開。


松本奎堂之墓」。
土井家墓所は門によって閉じられていますが、
松本奎堂の墓はなんとか見える位置にありました。
奎堂は刈谷藩士松本惟成の二男として生まれ、
幼少から学を好み、秀才として誉れ高く、
楽器や唄もこなせる芸達者だったという。
槍の練習中に左目を失明する事故に遭いましたが、
周りが慌てる中で平然と歌を吟じたという。 
昌平坂学問所に学び舎長も務めており、
天誅組による文書は、全て奎堂の起草によるという。
天誅組の変を起こして、追討軍に追われた際に、
右目も負傷して盲目となり、
紀州藩兵に囲まれて銃撃を受けて戦死、
若しくは自刃したとされています。

譜代藩は藩主家墓所が領地に無い場合が多い。
もちろん色々な理由があるのでしょうが、
心なしか譜代藩には郷土意識が低いように感じられます。
それが譜代藩が士民一体と成り難かった一員となり、
譜代藩がその役目を発揮できなかった要因でもありました。

その点、刈谷藩土井家は所領に藩主家墓所がありますので、
なんとなく土着したイメージが感じられます。
刈谷藩の佐幕色がそういう理由とは断定できませんが、
やはり「地に足が付いている」ということは、
どこにおいても重要な事なのではないでしょうか?

■関連記事■
愛知県刈谷市 刈谷城跡
 刈谷藩土井家の居城跡。
福井県大野市 大野城①/
 同族の大野藩土居家の居城跡。
奈良県五條市 五條代官所跡
 天誅組が襲った幕府の代官所跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。