青森県上北郡野辺地町 常夜燈と春陽丸の野辺地砲撃

野辺地戦争の13日前の明治元年9月10日。
戊辰戦争の終盤を迎えた頃になっても、
なんら戦火の被害を受けていなかった野辺地に、
突如久保田藩所属の軍艦「春陽丸」が、
海上から砲撃を仕掛けてきました。

春陽丸は佐賀藩士中牟田倉之助が指揮し、
秋田から北上して陸奥湾に入って野辺地を砲撃。
約60発の砲弾が野辺地へ打ち込まれましたが、
人的被害は無く、物損もごく少数でした。
逆に野辺地側からの応戦により春陽丸は被弾。
秋田へ退却しています。

野辺地は北前船の寄港地として栄え、
盛岡領内の大豆などの産物を積み出す船や、
大坂からの塩や生地、
日用品などを降ろす船で賑わいました。


浜町の常夜燈」。
野辺地町のシンボルでもある常夜燈
廻船問屋野村治三郎によって建てられたもので、
関西商人橘屋吉五郎によって運ばれています。
毎年3月から10月までの夜に灯がともされ、
野辺地港へ入港する船の目印となっていました。


復元北前型弁才船みちのく丸」。
日本古来の和船の建造技術を後世に伝える為、
船大工16名によって復元された北前船。
平成17年に完成した船で、
みちのく北方漁船博物館の所有でしたが、
同館の閉鎖に伴い野辺地町に譲渡され、
現在は常夜燈の横に陸揚げされています。
訪問時は雪の被害から守るために、
ブルーシートで覆われていました。


遠見番所跡」。
陸奥湾に侵入する外国船の発見・監視を行う為、
盛岡藩が設置した番所の跡。
常夜燈公園」入口付近にあります。


大砲台場跡」。
盛岡藩によって安政3年に建築された台場跡。
新渡戸傳新渡戸十次郎親子の設計で、
海から目視されにくい工夫がされていたようで、
台場の被害はなかったといいます。
春陽丸へは17~18発の砲撃が行われ、
帆柱と船体中央に2発が命中しました。

野辺地に落ちた弾も、春陽丸に当たった弾も、
爆発しなかったようですから、
双方とも旧式の大砲だったのでしょう。
野辺地戦争の前哨戦は、
物的被害のみの砲撃戦でした。

■関連記事■
青森県上北郡野辺地町 野辺地戦争関連史跡
 野辺地町内の野辺地戦争関連史跡。
青森県上北郡野辺地町 藩境塚
 盛岡藩と黒石藩の藩境。
青森県上北郡野辺地町 野辺地戦争戦死者墓所
 弘前、石黒両藩の戦死者を埋葬した墓地。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。