宮崎県宮崎市 高月院(佐土原藩島津家墓所)

高月院佐土原藩島津家の菩提寺。
薩摩藩では浄土宗浄土真宗が禁止されていましたが、
この高月院は浄土宗のお寺です。

初代藩主島津以久は、晩年に京都大雲院の門に入り、
浄土宗の門徒となっていましたし、
佐土原は古来から日向伊東家の領地であった場所で、
他所から来た島津家が統治するにあたり、
不要な宗教弾圧を避けたものと思われます。


青蓮寺高月院山門」。
高月院は2代藩主島津忠興が、
父である以久の三回忌に建立したもので、
寺名は以久の戒名に由来するもの。
以後、佐土原藩島津家の菩提寺として庇護を受け、
墓地には藩主及び正室、側室などの墓が並んでいます。


本堂」。
本堂は文化9年に全焼。多くの寺宝などが失われましたが、
翌年直ちに再建されており、現在の本堂はその時のもの。


豊烈曜後之碑」と「佐土原藩戦没招魂塚」、
東賊征伐藩士従軍戦没各霊供養」の地蔵。
本堂横に並ぶ戊辰戦争での佐土原藩戦没者の慰霊碑。
大雲院よりここに持ってこられたようです。
戊辰戦争の際、大雲院は佐土原藩の本営となっており、
凱旋後には盛大な慰霊祭が行われて、
これらの碑が建立されました。
昭和58年にこの高月院に移築され、
大雲院には現在複製が置かれているようです。


佐土原藩島津家御廟所」。
高月院本堂の裏手にある藩主家墓所。


初代以久公」墓。
島津宗家15代島津貴久の弟島津忠将の子で、
島津家が豊臣秀吉の軍門に下った後の領地再編で、
種子島屋久島沖永良部島など1万石を与えられ、
後に垂水に領地替えされて垂水島津家となります。
以久は従甥島津豊久の旧領佐土原を幕府より与えられ、
初代佐土原藩主となりました。
結束の固い島津家にあって、
独立志向の強い人物だったようで、
戦後交渉によって豊久の領地が島津家に返還される際に、
その領有者として手を挙げたとされています。


十代忠寛公」墓。
幕末の藩主11代藩主島津忠寛の墓。
※5代藩主島津久寿(4代藩主忠高の早逝で、嫡子が幼少の為、
 代つなぎで藩主
となり、嫡子が成長した際に家督を譲る)を、
 藩主と数えていないので1代少ない。

開明的な藩主だったようで、財政や軍政の改革を行っており、
宗家の薩摩藩に従属しました。
廃藩置県後は東京に移り、明治29年に死去しました。


十一代忠亮公」墓。
11代藩主忠寛の長男で、明治2年に弟らと米国に留学。
次弟は旧大村藩主家を継いだ大村純雄で、
末弟には西南戦争佐土原隊を率いて西郷軍に参加し、
城山で戦死した島津啓次郎がいます。

高月院を後にし、佐土原城の南西にある天昌寺跡へ。
前島津」と呼ばれる家久豊久の墓所を訪問しました。
天昌寺は「前島津」の菩提寺でしたが廃寺となっており、
現在は墓所のみが残されています。

家久公墓」「豊久公墓」「家久公室墓」「家久公母墓」。
天昌寺は、島津以久が入封してからも存続していたようで、
佐土原藩の庇護を受けていました。
豊久の戦死後、一旦幕府領となった際に、
豊久の旧臣達は佐土原を離れて永吉に移住。
後に再興が許されて永吉島津家となり、
家久、豊久がそれぞれ初代と2代の扱いとされました。
永吉にも天昌寺が建てられましたが、
同じく廃寺となっています。


関ヶ原の戦いや庄内の乱で戦死した家臣の墓。
島津家には「捨てがまり」という恐ろしい戦法があります。
撤退の際に小隊を殿として留まらせて死ぬまで戦わせ、
全滅すれば新たに小隊を留まらせて死ぬまで戦わせる。
そうして時間稼ぎをして本隊を無事に退却させる戦法で、
まさに「トカゲの尻尾切り」の作戦でした。
豊久はこの戦法で大将である島津義弘を無事に逃がし、
自らは多くの部下と共に戦死しています。

幕末には「薩摩の立ち撃ち、長州の寝撃ち」と云われ、
立ち撃ちの方が敵の弾に当たりやすいし度胸がいる。
死ぬことを恐れていてはとても出来ない撃ち方で、
「捨てがまり」に通じるものがあったのかもしれません。
戦国時代九州の戦いは、中央に比べて戦死者が極端に多く、
大将の戦死も多いし、篭城で将兵共に全滅というケースも多い。
このあたりは九州人の気質なのでしょうかねぇ?

■関連記事■
鹿児島県鹿児島市 鶴丸城跡(再訪)
 薩摩藩島津宗家の居城跡。
宮崎県宮崎市 佐土原城跡
 佐土原藩島津家の居城跡。
宮崎県児湯郡高鍋町 高鍋城跡
 近隣の高鍋藩秋月家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。