萩市須佐 笠松神社

長州藩永代家老益田家の領地であった須佐に、
三家老のひとり益田親施を祀る笠松神社があります。

親施は尊攘派の家老で、吉田松陰やその門下とも近く、
京都での尊攘運動にも奔走しました。
禁門の変では家臣らを率いて進発しますが、
敗れて徳山藩に身柄を預けられて切腹
首級は共に出兵した家老の福原元僴国司親相と共に、
広島に送られて幕府軍による首実験が行われます。

その後、家臣らによって笠松神社が建立され、
親施は高正大神として祀られました。

笠松神社」。
県道191号線沿いの笠松山山麓にあります。
境内に寄進されている鳥居や灯籠には、
実際には無い元治3年4年と刻まれ、
慶応」を認めず、元治を使い続けていました。


益田君花堂記」碑。
楫取素彦の撰による益田親施の顕彰碑。
明治26年3月に建立されたもの。


益田親施公」胸像。
親施は享年32歳でしたので、少し老けすぎかな?
須佐歴史民俗資料館蔵の「益田右衛門介肖像」は、
丸々とした体格の良い風に描かれていますね。


新選隊記念碑」。
胸像の横の方にある記念碑。
文字が目立たないので気が付きにくい。
新選隊とはあの京都の新選組ではなく、
須佐益田家家臣からなる諸隊のひとつです。


拝殿」。
昭和57年、初代益田国兼から、
36代の益田兼施までを合祀。
社殿は創建時のもののようですが、
平成30年の山口県北西沖地震では、
鳥居などが損壊し、瓦などが落ちています。

実は笠松神社には数年前に訪問しているのですが、
当時の記事はブログ移転の際に手違いで消えてしまい、
今回新たに書き直した次第です。

■関連記事■
萩市須佐 益田家墓所
 長州藩永代家老益田家の歴代墓所。
周南市徳山 三家老幽閉之地
 元徳山藩領にある三家老が幽閉された場所。
長州藩の異国船討ち払い
 益田家は江戸中期に異国船を討ち払っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。