グラバー」タグアーカイブ

長崎県長崎市 グラバー園②

つづき。
/②

旧リンガー住宅のさらに南側へ進む。

旧オルト住宅」。
英国商人ウィリアム・ジョン・オルトの旧宅。
オルトは安政年間に長崎に来日したとされ、
大浦慶と共に九州一円から茶葉を買い集め、
海岸沿いの製茶所で製茶して米国に輸出しました。
オルトは明治3年に帰国しており、
この住宅は、隣のフレデリック・リンガー続きを読む

長崎県長崎市 グラバー園①

①/

鎖国体制であった江戸時代の日本でしたが、
完全に外国人を遮断していたわけではなく、
長崎のみが限定的に国際港として機能していました。

貿易国は欧米のオランダと、明朝清朝等の中華、
そして藩経由の李氏朝鮮続きを読む

長崎県長崎市 グラバー家墓地

小学校の修学旅行グラバー園に行った記憶がありますが、
当時はそれが何なのか関心も興味も無く、
花が植えられた庭園を持つ洋館だという印象だけがあり、
それが武器商人の旧邸であるとは思いませんでした。

ジャーディン・マセソン商会の社員であったグラバーは、
長崎に移り住んでマセソン商会の代理店を設立。
これが「グラバー商会続きを読む