トンデモ」タグアーカイブ

「明治維新の「嘘」を見破るブックガイド」田中聡

明治維新を否定的に検証する本が沢山出ておりますが、
それのブックガイドってんだから、
どんなものだろうと読んでみました。

まずもって「否定的」とか「肯定的」ってのがナンセンスで、
歴史をそんな二元的にとらえるような考え方自体おかしい。
物事には良い部分悪い部分もあるし、
歴史上の人物も良い部分も悪い部分もある。… 続きを読む

「明治維新という過ち」原田伊織

今更ながら「明治維新という過ち原田伊織をしっかり読んだ。

この本の批判は多いが賞賛している人もいる。
大体が政治がらみの評論家やブロガー達から・・・・。
敵を倒すにはどんな手でも使う。吐き気がしますね。

この本は~日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト~
というサブタイトルが付けられています。
テロ=悪」の前提で書かれているこの本は、
作者の大先輩で尊敬しているという司馬遼太郎がいう
桜田門外の変だけは歴史を躍進させたという点で例外・・続きを読む

なんだか嫌な予感がしますね・・・・

龍馬裁判:龍馬暗殺 真犯人編」という映画を、
あの加持将一がつくるらしい。
まさか例のトンデモ推理を映像化!?・・・・まじっすか!
なんだか嫌な予感がしますね・・・・

ですが政治批判を目的に歴史を捻じ曲げる輩が多い中、
加持将一という人には、政治的な意図はあまり感じられない。
なんだかもっと無邪気な下衆さが感じられるのです。
その分マシ続きを読む

高杉晋作が生存!?

生存説があることは、英雄の条件のひとつ。
源義経織田信長明智光秀などなど・・
幕末維新で云えば西郷隆盛に生存説がありますね。
悲劇の最期を迎えたこれらの英雄は、
庶民の生きていて欲しいという願望から、
生き延びて大陸に渡った
という類の話が出来上がります。

上記の英雄は、戦に敗れて亡骸が不明だったりして、… 続きを読む

「続」 幕末の暗殺事件が長州主導だって??

前回の続き。
/②

未遂とはいえ、吉田松陰は間部詮勝の暗殺を計画しました。
吉田松陰がテロリストである」との主張を、
いいえ違います」とは言えません。

ただ、だから何か?と言いたいところ。
テロリズムの定義を勘違いされてる方は、
Wikipediaをじっくり読み直していただくとして、
政変がテロ無しで行われるようになったのは近年です。
政権の打倒に「お話し合い続きを読む