五島家」タグアーカイブ

長崎県五島市 富江陣屋石蔵

五島列島全域を支配していた福江藩には、
富江藩という支藩がありました。
藩とはいっても石高は3000石

基本的に「」は1万石以上の大名の支配機構を指し、
この定義では富江藩は「藩」ではありません。
しかし、稀に石高は低くても大名格を与えられ、
「藩」となる場合もあります。
※もちろん特殊な事例で、足利家続きを読む

長崎県五島市 大円寺(福江藩五島家墓所)

長崎県五島市大円寺町にある大円寺は、
五島列島全域を支配する福江藩五島家の菩提寺。

五島家が宇久家を名乗っていた16代宇久盛定の時代に、
先祖の建てた松月庵を再興して大円寺とし、
五島家の菩提寺としました。

大円寺山門」。
藩主家の菩提寺だけあって立派です。… 続きを読む

長崎県五島市福江 石田城跡

五島列島の全域は、代々福江藩五島家が治めていました。
壇ノ浦の戦いで平家が敗れた後、
平清盛の弟平家盛が宇久島に流れ住み、宇久氏を名乗ったという。
その後、福江島に移り住んで五島氏を名乗っています。
豊臣秀吉の朝鮮出兵等にも参加した後、
徳川幕府に1万5000石を認められ、福江藩を立藩しました。

はじめの居城であった江川城は焼失してしまいますが、
以後は築城が許されず、石田陣屋を藩庁として幕末に至ります。… 続きを読む