松平春嶽」タグアーカイブ

福井県福井市 運正寺

福井市には幕末史跡が豊富にありますが、
肝心の松平春嶽の墓は福井にはなく、
品川の海晏寺にあるのは周知でしょう。
ですがかつては春嶽の墓が福井にあったようで、
その痕跡を示す遺構が運正寺に残されています。


運正寺」。
福井藩初代藩主結城秀康は慶長11年(1606)に死去。
結城家が帰依する曹洞宗続きを読む

福井県三国市 三国神社

三国湊より三國神社へ行ってみる。

三國神社は平安時代前期の延喜式神名帳に登場し、
継体天皇を祀る神社として創建したとされますが、
この三國神社は中世までには廃絶。
現在の三國神社は室町時代後期の創建で、
竹田川支流の兵庫川から流れてきた御神体を住人が拾い、
現在地にあった… 続きを読む

福井県福井市 中根雪江関連史跡他

中根雪江は福井藩士中根孫右衛門の長男に生まれ、
家督を継いだ後に江戸で平田篤胤に国学を学び、
11歳の藩主松平慶永(春嶽)の教育係となりました。

慶永は中根の助言によって全藩士の俸禄三年間半減
藩主自身の出費五年削減を打ち出し、
守旧派の家老松平主馬を罷免させて藩政改革を断行。
三岡八郎続きを読む

福井県福井市 福井城跡

福井城福井藩越前松平家の居城。
徳川家康の次男である結城秀康によって、
柴田勝家の所領であった北ノ庄に築城された城です。

関ヶ原の戦いの前哨戦である会津征伐で、
石田三成の挙兵に対応して徳川本隊は西へ向かい、
秀康は上杉景勝続きを読む

「横井小楠と松平春嶽」高木不二

出張に行く前には図書館で本を借ります。
出張って仕事終わって宿で何をするかが問題。
する事がないとろくなお金使わないので、
こういうときこそ本を読むのがいいんです。

松平春嶽は賢候と言われますが、
僕の中ではあんまりいいイメージがありません。
どの辺が賢候なのか?
ちょっと最近気になったもので、
この本を選びました。

松平春嶽は幕府の腐敗を改革しようと、
懸命に努力した人ですが、
幕府の闇はそう簡単にはぬぐえません。
あの手この手と彼なりに努力しますが、
思惑とは別に時代は流れます。
春嶽の改革は間違ってはいませんでしたが、
それを実行するには彼は上品続きを読む