蝶々夫人」タグアーカイブ

長崎県長崎市 グラバー園①

①/

鎖国体制であった江戸時代の日本でしたが、
完全に外国人を遮断していたわけではなく、
長崎のみが限定的に国際港として機能していました。

貿易国は欧米のオランダと、明朝清朝等の中華、
そして藩経由の李氏朝鮮続きを読む

長崎県長崎市 グラバー家墓地

小学校の修学旅行グラバー園に行った記憶がありますが、
当時はそれが何なのか関心も興味も無く、
花が植えられた庭園を持つ洋館だという印象だけがあり、
それが武器商人の旧邸であるとは思いませんでした。

ジャーディン・マセソン商会の社員であったグラバーは、
長崎に移り住んでマセソン商会の代理店を設立。
これが「グラバー商会続きを読む

大分県竹田市 謎の岡藩城下町

大分県竹田市に日帰り旅行。
下関から車で4時間位掛かりますので、
8時に出発して昼頃に到着します。

お目当ては大分諸藩の藩庁で、唯一行っていない岡城跡。
滝廉太郎が「荒城の月」をイメージした城とされ、
キングオブ山城」とも称される大規模の山城です。
・・が、その岡城の記事は次回にまわし、
今回はその城下町の記事。… 続きを読む