大分県」カテゴリーアーカイブ

耶馬渓と青の洞門

中津を流れる山国川の上流の渓谷である耶馬渓は、
日本三大奇勝であり、
日本新三景に選定された名勝です。

凝灰岩や凝灰角礫岩、熔岩の侵食によってできた絶景で、
江戸後期までは山国渓と呼ばれていました。

ここを訪れた頼山陽続きを読む

大分県大分市 大分懸護圀神社

大分市街中央部の丘陵に、大分縣護國神社があります。

このブログで何度も記しているように全国の護國神社は、
明治政府が創建したものではありません。
幕末明治初期に殉難者を招魂する目的で私設され、
その創設者もであったり、土地の名主であったり、
祀られている祭神も… 続きを読む

大分県竹田市 岡藩主おたまや公園

岡藩初代藩主中川秀成は、
岡城の稲葉川対岸に御茶屋を建設しますが、
その完成を待たずに死去してしまいます。
跡を継いだ2代藩主中川久盛は、
建設中の御茶屋を菩提寺に改め、
碧雲寺を建立して中川家の菩提寺としました。

以後、久盛以後の歴代藩主の墓所となり、
碧雲寺は岡藩の庇護を受けて繁栄します。… 続きを読む

大分県竹田市 岡城跡②

前回からの続き。
/②


三之丸跡」。
ここからが篭城用の空間である本来の山城といったところ。
広大な西之丸に比べるとかなり狭いイメージがありますが、
戦闘用としては十分だと思われます。


蕃山先生頌徳碑」。
三之丸跡にある江戸時代初期の学者熊沢蕃山の碑。
蕃山は浪人の子として生まれましたが、
陽明学を学んで岡山藩に召抱えられ、… 続きを読む

大分県竹田市 岡城跡①

①/

岡城岡藩の藩庁。
山城ながら実面積100万㎡という大規模な城で、
諸藩が山城を放棄して藩庁を建設する中、
江戸時代を通じて藩庁の機能を保った珍しい城でした。

本来の山城は要塞であり、敵の侵攻を妨害できると共に、… 続きを読む