【幕末維新の話】」カテゴリーアーカイブ

今更ながら涙袖帖③

//③/////

(7)文久2年5月1日(京都より)
三月廿八日四月四日の手帋慥に受取申候
我等も此せつは京都御屋敷の後に住居いたし
佐世楢崎兄弟寺島中谷眞五郎なと同居に候
杉蔵和作彌ニなと追々来り申候面白く楽しき事は
此せつに候併し去月十三日松洞割腹いたし候事は
甚以残念之次第に候松洞方へ手紙出度候得共… 続きを読む

今更ながら涙袖帖②

/②//////

(4)万永元年11月25日(江戸より)
みなみなさまおん障りなふおん事なされ候半と
そんし参らせ候さては先師おん書物着物等
利助見出し候杉蔵かへり候節さしおくり可被下候
蒲團は當分かり申候彌二郎便にまいり候
袷壹枚早速垢衣にきかへ申候
杉蔵紋付壹枚もち参候よしに御座候… 続きを読む

沼野玄昌

新型コロナウイルスの流行が続いてますが、
幕末に流行した疫病といえばコロリ(コレラ)ですね。
コロリ、コロナと一字違いってのも、
なんだか共通点のようにも感じられますが、
感染経路症状致死率もまるで違います。

コロリは名の如くコロリと死んでしまう事から、
そう呼ばれた訳ですが、
※他にも鉄砲、見急などの名称も。
今流行する新型コロナはそこまでではない。
死者も高齢者や… 続きを読む

西郷隆盛の首級

明治10年9月24日。
鹿児島城山に立て籠もる西郷軍約400名に対し、
城山を完全に包囲した政府軍は、総攻撃を開始しました。

3日前の21日には、西郷軍から西郷の助命の為に、
河村主一郎山野田一輔が政府軍本営に訪ねて来ますが、
征討総督府参軍川村純義続きを読む