宮城県」カテゴリーアーカイブ

宮城県大崎市 満徳寺(戊辰戦役招魂之碑)

人取橋の戦いで殿を務め、
父が討死する程の激戦で伊達政宗を逃がし、
この功によって正宗に信頼された鬼庭綱元
後に豊臣秀吉との折衝役も務め、
秀吉からも気に入られています。
※秀吉に「鬼が庭にいるのは縁起が悪い」と
 以後茂庭に改姓させられています。

しかし秀吉に気に入られ過ぎた為に正宗に疑われ、
正宗に無理やり隠居されられてしまいました。
その際の隠居料100石、隠居料以外の収入を得た場合、
次代… 続きを読む

宮城県栗原市 瑞満寺(姉歯武之進墓所)

姉歯武之進世良修蔵暗殺の実行犯として知られます。
世良は奥羽鎮撫総督府下参謀として、
総督九条道孝以下500余名と共に仙台藩に派遣され、
威圧的な態度で仙台藩士らの反感を買っていました。

姉歯武之進は仙台藩士大河内頼存の弟として生まれ、
※どこを調べても父ではなく兄の名しか見当たらない。
同藩士姉歯忠三郎の婿養子となります。… 続きを読む

宮城県白石市 世良修蔵墓所

奥羽鎮撫総督府下参謀世良修蔵は、
傲慢な態度や侮蔑を繰り返し、
それに憤りを感じた仙台藩士らによって、
福島金沢屋で殺され、
その首級は白石に運ばれています。

白石の運ばれた世良の首級は、
月心院に葬られましたが、
明治3年に現在の陣場山続きを読む

宮城県刈田郡蔵王町 仙台真田氏ゆかりの郷

片倉家で養われていた真田信繁の次男真田大八は、
真田四郎兵衛を名乗り仙台藩士となりますが、
正体を隠すために片倉守信と改めています。
家格は永代召出二番座、蔵米三十貫文で、
後に蔵米支給から知行地に直されました。

知行地は矢附村、… 続きを読む

宮城県白石市 片倉家墓所

片倉小十郎家は、伊達政宗の代より重臣となった家で、
初代小十郎景綱により、その名を内外に轟かせました。
仙台藩内の家格は「一門」に次ぐ「一家」でしたが、
石高は一門並みで、家臣で唯一を拝領しています。

白石家の墓所は、市街西側の愛宕山にあり、
一般の墓地を越えた奥にあります。

「… 続きを読む