新潟県長岡市 与板陣屋跡

与板藩長岡藩初代藩主牧野忠成の次男牧野康成が、
三島郡与板に1万石を分与されて立藩。
その後、3代牧野康重小諸藩に加増転封し、
代わって掛川藩より直勝流井伊家が入ります。
この直勝流井伊家は井伊直政の長男井伊直勝の系譜で、
病弱の為に大坂の陣への未参陣を理由に廃嫡され、
新たに安中藩3万石を分与された家系。
次代の井伊直好は掛川藩に移封となり、
その後、3代井伊直朝の発狂により改易されますが、
宗家の彦根藩4代藩主井伊直興の四男井伊直矩が再興し、
与板藩に2万石で入りました。


与板町ふれあい交流センター(与板陣屋跡)」。
与板陣屋跡は与板町ふれあい交流センターとなっており、
陣屋を模した造りになっています。
与板藩井伊家は直朝の発狂による改易で、
城主大名から無城大名へ降格しており、
定府大名として出発しましたが、
6代藩主井伊直朗の幕政での功績により、
城主格大名に昇進して参勤交代が認められました。
これにより築城が開始され小規模な城郭が建てられています。

陣屋跡は交流センターや住宅地となっており、
遺構は皆無ですが移築された大手門切手門が残っています。

恩行寺山門(旧与板陣屋切手門)」。
与板井伊家の家紋「」が施された切手門。
与板陣屋は奥羽越列藩同盟軍に攻められ、
灰塵と化してこの切手門と大手門のみが残りました。


与板陣屋大手門」。
本願寺新潟別院に移築現存された大手門。

与板藩最後の藩主井伊直安井伊直弼の四男。
一般的に知られる裃姿の直弼の肖像画は、
後年、記憶を頼りに直安が描いたものという。
与板藩井伊家は宗家である彦根藩と行動を共にし、
宗家が譜代筆頭にも関わらず新政府を支持した為、
これに従って恭順しています。
近隣諸藩が同盟軍に加盟する中で孤立し、
衝鋒隊が1万両と兵糧米500俵を要求した際は、
貯蓄した7000両のほぼ全て差し出しました。
※その後、長岡藩に7000両を借りています。

北越戦争では同盟軍による攻撃を受け、
与板藩兵は金ヶ崎でこれを迎え撃ちますが、
同盟軍の激しい攻撃に与板藩兵は退却。
与板の到着した援軍を得て3倍の兵力で戦いますが、
最強の桑名三隊を擁する同盟軍の猛攻に屈し、
新政府軍は陣屋に火を放って後退しています。
これによって与板陣屋は消失しますが、
同盟軍もこれ以上は攻めきれず、
与板自体は奪われることはありませんでしたが、
戦火により甚大な被害をうけています。

戦後2千両の賞典金を賜り、藩校正徳館を再興。
領民にも就学を呼びかけ藩民皆学を奨励しました。

【与板藩】
藩庁:与板陣屋
藩主家:井伊家
分類:2万石、譜代大名

■関連記事■
滋賀県彦根市 彦根城①//
 彦根藩井伊宗家の居城跡。
新潟県新潟市 三根山陣屋跡
 近隣の三根山藩牧野家の陣屋跡。
新潟県長岡市 長岡城跡
 近隣の長岡藩牧野宗家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。