香川県仲多度郡琴平町 金刀比羅宮②

つづき。
/②

境内に入る前に疲れ果てましたが、
これより金刀比羅宮の境内へ進みます。

桜馬場」。
鳥居を抜けて桜馬場と呼ばれる長い参道へ。
文字通り両脇には桜が植えられており、
春には桜のトンネルとなるようです。

桜馬場を抜けて石段を登る。

書院」。
金毘羅大権現の別当であった金光院が、
参拝に訪れた人々の応接の場として用いた客殿。
内部の障壁画は円山応挙によるもの。
ここまでで477段

さらに進んで628段

旭社」。
神宮寺(金光院?)の金堂として建立されたもので、
明治以降に仏壇を配して神座が設置されています。
繊細な意匠が施されてあまりにも立派なので、
ここが御本宮かと勘違いしそう。
ここへのお参りは御本宮参拝後がならわし。

さらにさらに進んで652段
785段まであと133段です。

御前四段坂」。
最後の急な石段を登れは御本宮。
あと少し 御本宮まで133段!」と書かれており、
この文字に励まされながら最後の力を振り絞ります。


御本宮」。
門前町より785段の石段を登り、
やっとたどり着いた金刀比羅宮御本宮。
現在の御本宮は明治11年に再建されたもので、
桧皮葺大社関棟造り。
参拝を済ませて「幸福の黄色いお守り」も購入。
家族らは高台より琴平市街を展望していましたが、
精魂尽き果てた僕はそんなことをすっかり忘れ、
これよりそのまま下山しました。

御本宮より先に奥宮もあるのですが、
あと583段も登らないといけないとのこと。
絶対無理です。

帰りは息子を抱えて石段を下るのは危険と判断。
裏参道を通る事に。

ゆきちゃんは今更ながら「歩く~」と降りてくれて、
帰りはかなり楽になりました。
・・が、道に迷って結局遠回り。
みよちゃんと嫁さんはさっさと降りていました。


ずーっと抱っこだったゆきちゃんに比べ、
みよちゃんは785段すべて自分の足で登りました。
小学1年生でよく頑張ったと思います。
ご褒美に門前町でソフトクリームを買ってあげましたが、
ついでに全く頑張ってないゆきちゃんもゲット。
これが2番目の子の特権ですね。

小休止の後に車で象頭山南側の牛屋口へ。

牛屋口(石灯篭)」。
伊予土佐街道沿いの金刀比羅宮の入口で、
土州」と刻まれた石灯篭が並んでいます。
これらは土佐の漁民から寄進されたもの。
高杉晋作高松藩の捕吏に踏み込まれた際、
松里庵の抜け穴より脱出してここを通り、
無事に長州に帰ったという。


坂本龍馬像」。
少し前かがみの坂本龍馬像。
龍馬も通ったであろうとして建てられた象ですが、
実は龍馬はここを通ってないのではないかとのこと。
なんなら晋作の像を建てたら良かったのにね。

今回のメインイベントである金刀比羅宮参りは、
これにて終了です。
みよちゃんは「金比羅船々」の歌を覚え、
帰ってからおばあちゃんに披露。
おばあちゃんも知っていて一緒に歌っていました。

/②

■関連記事■
高杉晋作の東帆禄③
 高杉晋作の最初の琴平訪問。
吉田松陰2度目の江戸遊学①
 吉田松陰の琴平訪問。
福岡県田川郡 英彦山神宮と英彦山招魂社
 古来より修験場として山伏が集まった霊山。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。