下関市吉田 常関寺(奇兵隊総督山内梅三郎墓所)

長州藩寄組山内家備後国国人でしたが、
毛利元就に帰属して尼子勢に対抗し、
その後の毛利輝元の代に家臣となりました。
毛利家の防長減封後もこれに従い、
厚狭郡吉田に4905石を与えられており、
以後は江戸時代を通じて吉田埴生周辺を治め、
歴代当主は家老職などを務めています。
そして幕末の当主は奇兵隊総督を務めました。

その寄組山内家の墓所が常関寺にあります。

常関寺本堂」。
実はこの常関寺には以前訪問しております。
ここは小倉戦争時に奇兵隊野戦病院となり、
手当ての甲斐無く死亡した隊士達の墓があり、
それが目当てでした(記事はこちら)。
屋根には山内家の陰陽一文字の家紋がみられます。

その際に本堂裏の羅漢象を拝見しており、
そこに寄組山内家の墓所があったのに、
何故か見過ごしていたようです。

山内家墓所」。
本堂裏の斜面を登ると現れる山内家の墓所。
常関寺では毎年太祖山内廣道の追悼法要が行われ、
併せて代々の供養も行われているという。
中央の大きな墓碑が廣道のものと思われます。


仁昌院殿繁林道榮大居士
 林昌院殿温恭智賢大居士
」。
幕末の当主にして4代目奇兵隊総督山内梅三郎通恂の墓。
戒名が二つありますがどちらが梅三郎かわかりません。
側面に刻まれた「明治十二年十一月十一日没」より、
この墓が梅三郎の墓碑であると断定。

父の山内通遠は梅三郎が5歳の時に死去し、
梅三郎は幼くして家督を継いでおり、
奇兵隊総督となったのは僅か17歳の時でした。
家臣団を抱える寄組士の当主は「殿様」であり、
これを総督に据える事で隊士らを抑え、
さらに藩軍であるという誇りを与えます。
もちろん実務は軍監山縣狂介らが担当していますが、
よく云われる名目上カタチだけなどではなく、
梅三郎に山縣が随伴する様子も多々目撃されており、
梅三郎も本気で総督を務めました。
開闢総督の高杉晋作も度々彼らと同行しており、
この若い総督を晋作は気に入っていたのではないでしょうか?
名前の梅三郎も晋作好みですし・・。
梅三郎は第二奇兵隊総督も兼務していることからも、
総督として十分に機能していた事が伺えます。

その後、赤間関総奉行に任じられ奇兵隊総督を罷免。
廃藩置県後の明治5年には米国に留学し、
同8年に帰国して神奈川県に出仕しましたが、
明治12年に横浜で病没してしまいました。

神奈川県では学務課に勤務していたようで、
幕末期に色々と学んだ経験から、
教育に関心を持ったのかもしれませんね。
若くして病没したのはとても悔まれます。

■関連記事■
奇兵隊の吉田転陣
 晋作と山縣が山内家を訪問。
カエルを食べたかった晋作
 晋作、山形そして梅三郎がカエルを捕まえる。
下関市吉田 常関寺(小倉戦争時の野戦病院)
 前回訪問時の記事。