福井県南条郡 木ノ根峠

木ノ芽峠越前国若狭國を隔てる峠で、
険しい道と冬の豪雪から、
北陸道の難所として知られていました。


木ノ芽峠」。
二ツ屋宿跡より車で南下すると、
いつの間にスキー場のような場所に至り、
それでも進んで行くとたどり着きますが、
あまりお勧めはできません。
国道365号線の「今庄365スキー場」入口からの方が、
比較的楽に行けると思います。


前川邸」。
峠にそびえる一件の茅葺屋根の茶屋。
平家の末裔という前川家が代々茶屋番関所役を務め、
現在も前川家の当主が暮らしています。
この茶屋は築500余年という。


明治天皇木ノ芽峠御小休所附御膳水」碑。
前川邸の庭先に建立されています。
明治11年10月9日、明治天皇は木ノ芽峠に達し、
この前川邸の茶屋で休憩しました。

二ツ屋宿を出発した天狗党は雪深い道を泳ぐように進み、
この峠を越えて新保宿に至っています。

■関連記事■
福井県敦賀市 新保宿(武田耕雲斎本陣跡)
 討伐軍に囲まれた天狗党はここで武装解除します。
福井県敦賀市 天狗党幽居の三寺
 投降した天狗党は3つの寺に分けられて収容されました。
福井県敦賀市 幕府による天狗党の処罰
 幕府に引き渡された天狗党の悲劇。
福井県敦賀市 武田耕雲斎等ゆかりの地
 武田耕雲斎ら天狗党の墓所。