山形県東田川郡 戊辰之役古戦場官軍墳墓

清川のはずれの県道45号線沿いに、
清河口で戦死した長州藩兵の墓があります。

戊辰之役古戦場官軍墳墓」。
近くには「北楯大堰」という古い水路があり、
最上家家臣北楯利長の開削したものという。
右端の碑は「赤心薫萬古」は岸信介によるもの。


左から「長州藩討死之墓」、
官軍長藩内田百合熊公徳之墓」、
官軍長藩松本茂太郎重行之墓」。
清川口で戦死した長州藩士2名の墓。
2人は長州藩第四大隊装条銃中間で、
内田は17歳、松本は18歳でした。
新政府軍の撤退後2人の遺体が残された為、
庄内藩側でこの場所に葬ったようです。
長州藩討死之墓はその2人の合葬墓で、
たぶん最初にこの討死之墓が建てられて、
後に双方個人の墓碑が建立されたのでしょう。

■関連記事■
福島県福島市 世良修蔵官修墳墓
 福島にある世良修蔵の官修墳墓。
青森県青森市 三内霊園(官軍兵墓所)
 箱館戦争で戦病死した官軍兵の墓。
秋田県由利本荘市 山田合戦の跡
 山田合戦で戦死した官軍兵の墓碑。