長崎県南松浦郡 龍馬ゆかりの地

慶応2年、5月2日未明、上五島江ノ浜潮合崎でワイル・ウエフ号が遭難し、
船将である黒木小太郎池内蔵太らが溺死しました。
これを知った坂本龍馬はこの地に赴き、碑文を認め、
建設費用を村役に託したと言われます。
墓碑は歩いて数分の江ノ浜地区にあるとのこと。


岩場に大きく「龍馬ゆかりの地」と書かれています。
龍馬ゆかりの地では、イマイチ何があったかわかりにくい名称ですね。
海援隊士殉難の地」とかのほうが、わかりやすいのでは?
やっぱり、「龍馬」ってつけたほうが、客は集まりやすいのかな??


近くに「坂本龍馬の像」があります。


碑の近くにワイル・ウエフ号の船梶のレプリカ。
これの本物は近くの民宿にあります。


龍馬像は転覆地点の方向に向かって手を合わせている。


龍馬像の手を合わせている方向。この辺で転覆した模様。
海岸線は複雑に入り組んでいます。海の事故は昔も今も悲惨ですね。

鹿児島の甑島あたりで遭難して、ここまで流されたようですが、
かなり漂流した様ですね。

上五島には、他にも幕末史跡はありますが、今回はここだけです。
毎年のように上五島に行きますので、ゆっくり回ります。

さて、五島列島といえば「五島うどん」。おいしいですよ。

■関連記事■
長崎県南松浦郡 ワイルウエフ号と潮合騒動
 再訪した際の記事 。
長崎県五島市福江 石田城跡
 福江藩の藩庁。
長崎日帰りバスツアー②
 龍馬像や亀山社中跡など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。