東京都板橋区 板橋宿跡

板橋宿中山道の最初の宿場町で、
江戸四宿のひとつとして栄え、
※他の三宿は東海道品川宿
 甲州街道内藤新宿日光街道千住宿

旅人の宿泊の他に飯盛女目当の客で賑わい、
非常に繁栄していたようです。
板橋宿は隣接する3つの宿場の総称で、
江戸側から平尾宿中宿上宿と連なり、
脇本陣が平尾宿と中宿に設けられ、
中央の仲宿に本陣が置かれました。
 

板橋区板橋周辺。緑の線が中山道で、
青い線は川越への川越街道
赤丸で囲まれた3つの場所は、
下から板橋平尾宿中宿上宿です。


板橋宿入口」。
日本橋より中山道を進み板橋宿に至ります。
ここは川越街道との追分になっており、
板橋宿が起点となっていました。


板橋平尾宿跡」。
江戸寄りの平尾宿には飯盛旅籠が軒を連ね、
江戸っ子の遊び場にもなっていたという。

脇道に入って脇本陣跡へ。

板橋宿平尾町脇本陣跡」。
板橋平尾宿脇本陣の豊田市右衛門家跡
豊田家は問屋を営んだ平尾の名主で、
苗字帯刀を許されていたという。
甲州勝沼の戦いで敗れた近藤勇は、
流山で捕縛されて板橋宿に連行されますが、
仲宿の板橋本陣で正体を見破られた後、
大久保大和と名乗っていた。
この豊田家に移されて幽閉されており、
足枷をされて厳重に見張られていました。
近藤は豊田家の娘とみを可愛がったようで、
膝に乗せて子守歌を歌ったと伝わります。

街道に戻って街道筋を進む。

仲宿」。
王子新道を越えると板橋中宿。
板橋宿の中心であった仲宿には、
問屋場貫目改所馬継ぎ場
番屋等が置かれ、
唯一本陣が指定されていました。 


遍照寺」。
現在の遍照寺真言宗の寺院ですが、
宿場時代は天台宗の寺院であったという。
境内は馬繋ぎ場として利用され、
伝馬立馬継立馬が繋がれていましたが、
廃仏毀釈で廃寺となっており、
後に真言宗寺院として再建されてます。
廃寺後も境内で馬市が開かれていたようで、
明治40年頃まで続いたとのこと。


板橋仲町宿跡」。
仲町は現在も賑わっているようで、
人通りもある程度あるようで店舗も多い。
明治以降には宿場町としては廃れた為、
遊郭街として生まれ変わったようですが、
勿論その面影も見当たりません。


板橋宿本陣跡」。
板橋宿の本陣を務めた飯田新左衛門家跡。
本陣は当初飯田本家等数家が務めましたが、
宝永元年(1704)に飯田本家より別家を興し、
本陣と問屋役を引き継いだようです。

北に進んで小さな十字路を西へ。

板橋仲宿脇本陣飯田宇兵衛家跡」。
脇本陣を務めた飯田宇兵衛家の跡。
宇兵衛家は本陣飯田新左衛門家の本家筋で、
元々は豊臣家に仕えていたと伝わります。
江戸時代初期には本陣を務めていますが、
後に新左衛門家が興されると、
本陣と問屋役を譲っていますが、
名主として宿駅の管理運営にあたました。
文久3年の和宮降嫁の際には、
新左衛門家に代わって本陣を務めますが、
これは当時の新左衛門家の当主が不在で、
幕末には宇左衛門が本陣を務めた為。
慶応4年には東山道先鋒総督本営にもなり、
和宮が侵攻中止を嘆願する書状を、
ここに宿陣する総督岩倉具定に送り、
暫くの間駐屯することになりました。
このように和宮と縁のある家でしたが、
下向途中の和宮が屋敷の蔵で首を吊り、
替玉が用意されて将軍に嫁いだという、
トンデモ説も存在しています。


板橋」。
地名の由来となった板製の橋。
勿論現在は板製ではありませんが、
それっぽい雰囲気で造られています。
板橋という単純な名前なのですが、
意外に初出は鎌倉時代のようで、
古くからの地名でした。

橋を越えると上宿。

板橋上宿跡」。
上宿は緩やかな上り坂となっており、
木賃宿馬喰宿が軒を連ねていたようで、
庶民の旅人の宿場だったようです。


中山道板橋宿」碑。
板橋本町交番脇にある跡碑。


縁切り榎」。
板橋の名所とされたエノキで、
縁切りのご利益があるとされます。
このあたりにある旗本の屋敷があって、
垣根にエノキとケヤキが生えていました。
周辺の人々はこれを「えのきつき」と呼び、
※ケヤキは(ツキ)の旧名があります。
それが訛って「えんのつき」となり、
後にケヤキが枯れてエノキだけが残り、
いつしか「縁切り榎」と呼ばれました。
庶民はこれを悪縁を切ると敬い、
離縁が許されない女性などが、
樹皮を煎じて離縁したい相手に飲ませ、
縁切りを祈ったという。
和宮降嫁の際には迂回路を通ったようで、
嫁入り行列には避けられていたようです。

■関連記事■
東京都中央区 日本橋
 中山道及びその他の街道の起点。
東京都品川区 品川宿跡
 東海道の1番目の宿場町。
東京都北区 近藤勇墓所
 板橋駅前にある近藤勇の墓。